料理下手だけど、こどもと一緒にハンバーグを作る

焼くだけのハンバーグを買ってきたところ、子どもが残念そうな顔をしました。

「なんだ。。。」

どうも、手作りでないことを残念がっていて、一緒にひき肉からハンバーグをこねたいのだそうです。それならハンバーグを手作りしようかとチャレンジすることにしました。私は、ふだん料理に全く興味がないので、知識ゼロではありますが、せっかくの子どものリクエスト。頑張ることにしました。

せっかくなので、大量に作り、冷凍しておきたい。

しかし、ふだん料理をしないので、どのくらいの食材が必要かよくわかりません。ネットで調べ、メモを作り、スーパーで買い物をしましたが、合挽き肉だけは、買いすぎると保存するのも難しい。

迷ったあげく、合挽き肉は結局、500グラムを購入。

使った材料

  • 合挽き肉 500グラム
  • 玉ねぎ 1個
  • バター 15グラム
  • パン粉 1カップ弱
  • アーモンドミルク カレースプーン1

できたハンバーグの数

ハンバーグは、大小取り混ぜて、9個できました。そのうち、大きな三つはすぐ夕飯としていただきました。

そして、6個のハンバーグを冷凍しました。

ハンバーグを冷凍、六つ

焼いてから冷凍したので、食べる時には、電子レンジでチンです。

夕食作りが楽になるように考えましたが、結局、事前に苦労するだけではないか、と気づきました。

子供が楽しそうにこねてたので、まあ、そこは私も楽しかったです。。。

 


スポンサーリンク




料理下手が作る!ハロウィンマンの簡単スイートポテト(20分)

ガイコツポテト6

私は料理ができないのですが、子供が喜ぶとキタイしてハロウィンらしいお菓子を作ってみました。ほんとに短時間で簡単にできました。

準備したもの

さつまいも(中3本)、バニラアイスクリーム(適当)

ハロウィン、簡単スイートポテト

本当に適当に作った

まずサツマイモを皮をむいてふかします。皮は取っておきます。

ふかしたサツマイモ潰し、バニラアイスクリームと混ぜて、お団子にします。とっておいたサツマイモの皮を細く切って顔を作ります。

200度に熱していたオーブンに入れて8分。

スイートポテト、お皿に

ガイコツなのかジャック=オ=ランタンなのか

これは子供が絵にかいたハロウィンマンです。よく見ると、口元はガイコツっぽいんだけど、目元はジャック=オ=ランタンですね。慌てて作っているので出来上がってみると、じわりと笑えてくるものがあります。

子供の評価

「ママが作ったのか。。。」と疑いの目をしていましたが、他に何もおやつを出さなければ、食べるしかありません(当然出さない)。

食べてみると、美味しかったようで、喜んでもらえました。

これなら、短時間でささっと作れるので、ハロウィンにもきっと作ることができると思います。忙しいときにも作れるものがあると、料理下手には、とてもウレシイものなんです。


スポンサーリンク