インドに引っ越した。あきらめていたけど、持って行く事ができたもの

インドに引っ越すにあたり、最初はMacを持って行く事はあきらめていました。でも今、インドでしっかり動いてくれています。これがどれだけ心強いことか。

インド、Mac机まわり

ノートPCは手荷物として飛行機機内に持ち込みます。外付けHDDは、預け荷物としてスーツケースに入れていきました。でも、古いMacPro本体なんか無理だと思うでしょ?船便や航空便でも、壊れちゃうと思いますよね?

でもプロの業者さんに運んでもらったら、大丈夫だったんです。

主人の会社の規定では、海外赴任に家族が帯同する際は、会社指定の業者さんから少しだけ荷物を送ることができます。引っ越しの直前に、その制度を知り、あわててインドに送る荷物を集めました。

子どものオモチャから優先した

積み木、大型ボート

当日、梱包のプロフェッショナルと、運ぶ人、コーディネーターなど数人の業者さんが私たちの荷物を箱詰めから全て作業してくれました。送付出来る量には上限があり、それは梱包してみないとわかりません。

梱包のプロがアドバイスしてくれました。

「生活に必要なものから、優先順位をつけて詰めていくと早いですよ。オモチャは順位が低いでしょうから最後にしますか?」

荷物を送ることができると知って、まっさきに送ろうと思ったのは、実はレゴと積み木。

「いえ、優先順位が高いのは実は子どものオモチャなんです。あちらで手に入らないと思うので。」

学校を転校しますし、外国で辛い思いをするだろうから、子どものオモチャだけは全部持っていこうと決めていました。これは主人も私も同じ気持ちでした。運送屋さんは、にやっと笑って、それ以上はきかずに荷物をたくさん梱包してくれました。

パソコンなんて、鉄のかたまり

macpro、インドに設置

ダメもとで、申請していた私のMacProも、どんどん梱包していきます。

「パソコンも、送るの大丈夫なんですね。」と、つい声に出してしまうと、

「ただの鉄のかたまりですから。」

まったく難しくないよと、自信にあふれた返答に、わたしは非常に驚きました。頼んで良かった〜。Macも申請して良かった〜。言ってみるもんだな〜と、とても安心しました。

実際に届いてみると、すかっと見事に起動して、グラフィックソフトもOSも問題なし。部屋にある薄型テレビに出力してるので、圧迫感はありますが、満足しています。ええ、もう満足。

ほかのオモチャも、こわれたものはひとつもありませんでした。


スポンサーリンク




海外でスマホを使う!現地のプリペイドSIMを日本で購入[EE]

プリペイドSIM、EE

ゴールデンウィークや夏休みに海外旅行に行くとき、スマホはどうやって使いますか?

私は普段、MVNOのニフモ、格安スマホです。使っているスマホはSIMフリーのZenfone Go。SIMフリーのスマホなら、現地のプリペイドSIMを使うのが、かなり安いと思いました。

実は海外SIMも日本で購入できる

海外で携帯ショップに行けば、安く手に入るプリペイドSIMですが、イギリスのヒースロー空港では自動販売機があったり、ネットで購入することもできます。

EEのSIM

渡航先のSIMをよく調べてみると、会社ごとに差があります。私は「EE」という会社のプリペイドSIMに決めました。

  • 期間は30日間
  • 2GB
  • テザリングOK
  • 2,580円(2017年5月)
  • Normal,Micro&Nanoの各SIM対応
  • 日本語の設定マニュアルがある

SIMは自分の使うサイズに合わせて切り出すので、マイクロsimでもナノsimでも大丈夫です。ノートPCにテザリングできると便利なので、テザリングがOKかどうかはポイントのひとつでした。

通話はスカイプなどのアプリで行いますし、データのみのsimでじゅうぶんならこれでいいと思います。

現地で購入はさらに安いが、日本で購入しておいた理由

現地で、空港ではなく街中のショップで購入すると、さらに安く店員さんがセットアップしてくれたり、便利なのだそうです。しかし、まず空港に着く時間が夜中や早朝である場合は店が開いていません。

現地でもたつくのもイヤですよね。日本で購入しておけば、設定マニュアルも確認しておけるし、SIMもセットしておけます。Zenfone GoはSIMが2枚はいるんですよ。

通信量は2GBで足りるのか

普段の自分なら、ひと月の通信量は1GBくらいです。数日なら2GBを超えることはないのかな、と思います。もし、旅行中に通信量がたりなくなったときは、追加して課金できるようですが、それも面倒なので(クレジットカードを使いたくない)、同じプリペイドSIMをショップで購入するという手もあります。


スポンサーリンク




【NifMo】+ ZenFone Go は、SIMフリーだからこそ海外ではSIMをさしかえたい

充電中

スマホやPCを海外旅行のときにも使うには、どうしたらいいのでしょうか。

海外用にwi-fiルータを借りることもありです。家族で行くので、1台ルータがあればみんなで使えます。しかし、いつも一緒にいるとはかぎりませんし、別行動することになったときこそスマホで連絡がとれないと不便です。せっかくSIMフリーの端末なんだから、海外のプリペイドSIMを使えないかな、と思いました。

MVNOのメリットはSIMのさしかえ

ニフモのようなMVNOのスマホは、SIMフリーだからこそ価格が抑えられたり、しばりがなかったりします。SIMが解放されているメリットを最大に生かしたい、という思いもあって、海外のSIMにさしかえられないか、検討することにしました。

NifMoの端末は、現地SIMが使える?

ニフモのホームページから、ご購入ナビ>SIMフリーとは のページに行ってみると、SIMフリーのメリットについて書かれていました。

”SIMフリーのメリットとしては、各キャリアのどのSIMカードでも使うことができるので、一社に限らずプランを選択できます。海外に行った時には現地で売っているプリペイド式SIMカードなども利用できるという利点もあります。利用状況に合わせて、料金がリーズナブルなMVNOからも、自由にサービスを選ぶことも可能です。”

と記載がありました(2017.3月)。なるほど、海外でも使えそう。そしてやる気も出てきました。

機種: ASUS ZenFone™ Go
SIMのタイプ: microSIM

私は、ASUSのZenFone Goを使っています。SIMのタイプはmicroSIM。たとえばイギリスの通信会社の通信規格にこのzenfone goが対応しているかを確認したところ、「ボーダフォン」や「three」「EE」などの主要な会社はカバーできているようでした(たぶん)。SIMのタイプもmicroSIMに対応していました。

現地プリペイドSIMが、自分の使用しているスマホで使えるかは調べないとわかりません。その国のその通信会社の通信方式を調べて、自分のスマホの対応とてらしあわせます。

ZenFone Goは対応する幅が広いようですが、行き先の方式を調べるのが、ちょっと面倒でした。


スポンサーリンク