Z会のお試し教材を取り寄せて、その(ほぼ)1年後は?

Z会、お試し教材

お試し教材を取り寄せて、1年、いや正確には11ヶ月になります。お試し教材を気に入ったので、そのまま入会したのでした。

内容が難しい、親の手間がかかりキツイと思っていた

まず、内容についてですが、なんとか子供はついていっています。条件反射のように覚えていることをチェックするようなものではなく、脳を働かせないとできない設問で、「こんな問題、誰が考えてるのよ〜」と感動します。

また、私や主人が答え合わせできない時は、子供が自分で丸つけするようにさせています。これは、正直に言いますが、できる時もできない時もあります。わからなくても答えを見ちゃうようなことはなく、時間をかけて、いつまでも「う〜ん」と悩んでいます。

なので、親の手間がかかる、と覚悟していましたが、まったく苦労してません。エバれることではありませんよね〜。

1ヶ月遅れ、マイペースで進めています

子供を連れて、今は海外で生活しています。引っ越して1ヶ月は何も勉強しないことに決めていました。ストレスにやられないように、まずは生活を立て直すつもりでしたから。その為、引っ越ししたあたりから1〜2ヶ月、教材の進みが遅れています。まあ、だら〜っとサボったわけです。

海外だけど、iPadでなく紙で受講している

また、郵便事情が大変悪いので、日本のZ会へ解答を送ることもできず、持ったままです。海外在住者向けにはiPadを使ったオンラインでのやりとりができるので、そちらにシフトするかもしれません。実はそのためにiPadを購入しています。

でも、紙って落ち着くんですよ。私たちのようにオンラインがいいに決まってるのに、紙って、どうなんでしょう?しかも送料はかかってるし。それでも紙の教材を選んでいる人もここにいます。

面白い設問

どうしても、紹介せずにはいられない、と思った設問。それは。。。

だじゃれで遊ぼう

だじゃれかい!

やって見ると、すっごい難しくて、子供は真剣に考えてましたよ!その文章は紹介できませんが、私は成立してると思いました。

日本と繋がっている安心感

Z会の教材が難しいからこそ、海外在住期間は続けようと思っています。子供は4年生ですが、2学期の途中からは日本の授業を受けていません。「もう、日本の勉強から遅れちゃってるのかな?」と不安に思わずにいるために、とても良かったなと思っています。


スポンサーリンク