インドに引っ越した。あきらめていたけど、持って行く事ができたもの

インドに引っ越すにあたり、最初はMacを持って行く事はあきらめていました。でも今、インドでしっかり動いてくれています。これがどれだけ心強いことか。

インド、Mac机まわり

ノートPCは手荷物として飛行機機内に持ち込みます。外付けHDDは、預け荷物としてスーツケースに入れていきました。でも、古いMacPro本体なんか無理だと思うでしょ?船便や航空便でも、壊れちゃうと思いますよね?

でもプロの業者さんに運んでもらったら、大丈夫だったんです。

主人の会社の規定では、海外赴任に家族が帯同する際は、会社指定の業者さんから少しだけ荷物を送ることができます。引っ越しの直前に、その制度を知り、あわててインドに送る荷物を集めました。

子どものオモチャから優先した

積み木、大型ボート

当日、梱包のプロフェッショナルと、運ぶ人、コーディネーターなど数人の業者さんが私たちの荷物を箱詰めから全て作業してくれました。送付出来る量には上限があり、それは梱包してみないとわかりません。

梱包のプロがアドバイスしてくれました。

「生活に必要なものから、優先順位をつけて詰めていくと早いですよ。オモチャは順位が低いでしょうから最後にしますか?」

荷物を送ることができると知って、まっさきに送ろうと思ったのは、実はレゴと積み木。

「いえ、優先順位が高いのは実は子どものオモチャなんです。あちらで手に入らないと思うので。」

学校を転校しますし、外国で辛い思いをするだろうから、子どものオモチャだけは全部持っていこうと決めていました。これは主人も私も同じ気持ちでした。運送屋さんは、にやっと笑って、それ以上はきかずに荷物をたくさん梱包してくれました。

パソコンなんて、鉄のかたまり

macpro、インドに設置

ダメもとで、申請していた私のMacProも、どんどん梱包していきます。

「パソコンも、送るの大丈夫なんですね。」と、つい声に出してしまうと、

「ただの鉄のかたまりですから。」

まったく難しくないよと、自信にあふれた返答に、わたしは非常に驚きました。頼んで良かった〜。Macも申請して良かった〜。言ってみるもんだな〜と、とても安心しました。

実際に届いてみると、すかっと見事に起動して、グラフィックソフトもOSも問題なし。部屋にある薄型テレビに出力してるので、圧迫感はありますが、満足しています。ええ、もう満足。

ほかのオモチャも、こわれたものはひとつもありませんでした。


スポンサーリンク




MacBookAirが起動しない。インドで直そうと試みた

息子が使用しているMacBookAir。まあまあ古いもので、私のお下がりです。ついに起動しなくなりました。

リカバリモードで起動すると、ネット経由でOSをインストールしたり、ユーティリティソフトを使ったりできますが、最後までインストールできずに止まってしまいました。外付けHDDから起動できるようにもなりましたが、やはりダメ。

本体だけで起動させると、画面にはフォルダにクエスチョンマークが。起動ディスクが見つからないってやつです。。。

他のMacからターゲットディスクモードで認識して直したい

持っているMac

  • MacBookAir(11-inch,2011)壊れた方
  • MacPro(2010mid)
  • MacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 ports)

必要なもの

  • Apple Thunderbolt ケーブル
  • Thunderbolt 3 (USB-C) – Thunderbolt 2 アダプタ

Apple Thunderbolt ケーブルを使うと、Thunderbolt に対応する 2 台の Mac をターゲットディスクモードでつないだりできます。

私のMacBookProのデスクトップに外付けhddとしてMacBookAirを認識させれば、ユーティリティソフトで直したりできるかもしれません。2017年購入のMBPには、Thunderbolt3(いわゆるusb-c)のコネクタしかないので、アダプタが別に必要。

壊れたMBAを起動させるときに「T」キーを長押ししてると、雷のようなマークが画面に表示されます。ターゲットディスクモードで立ち上がることが確認できたので、あとはケーブルだけ。

しかし、このケーブルが、インドではなっかなか手に入らなかったんです。大手通販サイトでは、アダプタはなく、ケーブルも日本で購入する倍の金額。買えない!

結局、リペアショップに行ったが直らなかった

デリーには大きなアップルストアがあるようなのですが、グルガオンにあるのはモバイルショップばかり(それはたくさんありました)。地図をみながらリペアショップを探しましたが、もう閉鎖されていたり、thunderboltケーブルを置いていなかったり。

ガレリアマーケットという、大きな商店街に行くと、アップルショップが2軒も。そこでは修理できませんでしたが、リペアショップの場所を教えてくれました。

もしケーブルが購入できるならいいな、と思い、MGロードの先のリペアショップへ移動。

そこは正規のアップル修理店。私はケーブルとアダプタが欲しい、というのに、「とにかく本体をもってこい」と。故障の状態で価格が随分違うことはわかっているのですが、みてもらうだけでも有料なのか、どのくらい時間がかかるのか、細かいことが質問できません。

もう一軒、apple専門の修理屋さんではないけど、appleも扱うよという店にいくと、やはり「本体を見せてみろ」と。ただし、こちらは保証なんてありませんから、勇気が必要でしょう。私の印象では、今回は直してもらえそうだと直感しました。達人の貫禄がありました。

どうも、プロたちはThunderboltケーブルは必要なくて、小さなパーツを介してアクセスできるようです。MBAの年式がわからないと、パーツが選べないようでした。

次の日、本体を持って出直しました。

しかし、数時間後には電話がきました。主人に話してもらったところ、「ハードが壊れている。しかしパーツが手に入らない。ヴィンテージだ。」ということでした。直らなかったんです。

問題はソフトかハードか

自分で「ハードウエアテスト」をかけてみると、「問題なし」と出ます。

ケーブルもアダプタも手に入らないし、パーツ(おそらくHDDそのもの)も正規代理店なのに手に入らない。

ソフトの問題なら、ケーブルとアダプタがあれば解決できそうだし、ハードの問題であっても、新しいHDDが手にはいれば自分で交換できそう。

どちらにしても、日本では手に入るけどインドでは高額になってしまいそうな気がします。


スポンサーリンク




インドへ引越し準備![Adobe illustrator cc]を月々プランで購入した理由

illustrator cc を一月ごとに購入

Macでグラフィックデザインをするために、以前は、40万円ほどにもなるアドビのソフトを購入するものでした。このソフトは新しいMacのOSでは動きませんから、アドビのグラフィックソフトは徐々に期間限定で使用できるレンタルへと変わりました。

使用環境

私のMacは古いのですが、まだまだ動きますし、今年はメモリを24ギガまで上げたばかりです。また、G5というもっと古いMacも平気で動いています。もちろん購入したアドビのソフトもあります。

  • メインはMacPro 2011(グラフィックソフトあり)
  • バックアップはPowerMac G5(グラフィックソフトあり)
  • サブでMacBookPro 13inch 2017(グラフィックソフトはレンタル)

検討しているのはMacBookProにインストールするソフトです。海外へ引っ越す準備として(停電する国だからノートがいい)、ノートパソコンを買い替え、アドビのソフトとモリサワの書体を積んでいくことに決めていました。

ところが、デスクトップも持っていけることになったんです。

大きな未確定要素がある

海外へ持ち出すパソコンは無事に到着するでしょうか。どんなに気をつけても、後から故障したり不具合が出るものではないでしょうか。

なので、引越し後、うまくMacProが動くのならば、Illustratorはノートで使わないかもしれません。ひと月ないしふた月様子を見てから決めてもいいのです。

Illustratorは仕事でしか使わない

Photoshopには、ひと月:約1000円のプランがあります。こちらは、毎日使うのでノートにインストールしておきたいものです。似たような高機能フリーソフトもありますが、使い慣れているので、安いならPhotoshopは使いたいところです。

一方、Illustratorは仕事でしか使わないのではないでしょうか。Illustratorも高機能ですし、私にとっては万能に近いソフトです。慣れてもいるので、できれば使いたいですが、インドで毎日使うかというと、それはわかりません。

解約方法を確認して見たら

Photoshopは月に約1000円、Illustratorは月に約2000円です。しかし、途中で解約すると残りの金額の半額を支払うことになっています。残金を支払うという形で違約金がありますし、何もしないでいると自動的に契約が更新されるので、解約時期を見計らう必要もあります。

それなら、月々の金額はちょっとお高くなっても、「ひと月ごとの購入」で様子を見る方が確実だな、と思いました。

1年後に見直しする

コンプリートプラン(アドビ全てのソフトが使えるプラン)では、モリサワの書体も一部使えるようになりました。まだ書体数が少ないですが、1年後に使用できる書体が増えていたら、モリサワの書体込みでの価格として検討する余地があるのかな、と思っています。

今まではモリサワの書体のみで年間5万円近くかかっていましたから。


スポンサーリンク