電子ドラム[YAMAHA]DD-75からスマホの音を出す

息子に買ったはずの電子ドラムDD-75。音出しもできるというので(息子が学校に行っている間にこっそりと)スマホを繋げてみました。

dd-75、スマホに繋げた

用意するもの

  • スマホ(Zenfone Go)
  • ケーブル
  • dd-75

スマホはZenfone。家のwi-fiに接続して、コンセントから電源をとっています。ケーブルは「ミニプラグ↔︎ミニプラグ」。両端がイヤホンにさす端子になっているものです。

接続はケーブルを挿すだけ

dd-75斜め後ろ

端子の片方をスマホに挿し、もう片方をDD-75に挿すだけです。

スマホ側は、イヤホンを挿すところです。DD-75の背面を見ると、端子口が並んでいますので、右から2番目に挿します。一番右は電源。

dd-75背面の端子

「AUX IN」です。エーユーエックス端子で入力するところ、という意味だそうです。auxiliary(予備、補助の意)から来ている言葉で、外部機器を接続して音声を入力するのが、この端子。

dd-75、AUX IN

パソコンやタブレットからも簡単に音が出せる〜!

DD-75にある音量ボタンで全体の音量は調節できます。スマホの音楽を小さくして、ドラムの音を大きくしたいときなどは、直接スマホの音量を上下させました。

ドラムできないけど、楽しいかも。息子が練習しないときは借りちゃおうかな。

DD-75に電源を入れて、スマホでYouTubeを再生。これなら、初心者がドラム練習するための動画を見ながら、息子が練習できるかも。


スポンサーリンク




[NifMo]人生初の速度制限中!何をしたら3ギガプランで制限されるのか

速度制限中

ひと月の通信料が滅多に1ギガを超えない私ですが、なんと人生初の速度制限を受けました(2017年10月8日)。

何をして速度制限をくらったか

動画もスマホで見ないし、ゲームもしません。しかし、それは自宅や職場でwi-fiが繋がるからです。引越しに伴って、一時的にインターネットの契約を終了していましたので通信は一気にニフモのスマホに頼ることに。

ニフモの3ギガプランなら、未使用ぶんの通信量を「繰越し」できるので6.2ギガも使えます。しかし、一日の通信量が650MBを越えると速度制限がかかります。すっごい遅いです。うっかり普段はしない作業をしてしまったんです。

新しく購入したMacBookProに、アドビのグラフィックソフトをインストールしようとしたところ、まだ月の通信量は余裕がありますが、1日の通信料は一瞬で超えてしまいました。いま、アドビのソフトはパッケージを購入することができず、基本的にネットでダウンロードしてレンタルしなければなりません。認証もネット接続ありきです。

日付が変わっても数分間は速度制限かかったまま

0:12には速度制限が解除されましたが、数分間は解除されないまま。このまま解除されないかも、とドキドキした数分間でした。


スポンサーリンク




インドへ、引っ越し準備(その5)データ専用プランから、音声通話対応プランへ。【NifMo】SIMを返却する

auのガラケーの電話番号をスマホに持たせました。ニフモのデータ専用SIMを契約したまま、新たに通話対応SIMを契約。電話番号が移行できたら、データ専用SIMは解除しました。

データ専用SIMを返却する

simをzenfoneから外す

私のスマホは、SIMフリー。なおかつ2枚のSIMがセットできます。データ専用SIMはサイトで解除の申請をしてから日数がかかりますので、それまでは2枚のSIMが使えました。解除日が来たので、SIMを抜いて、SIMカードの返却センターに郵送しました。

simを返却、ニフモ

データ専用SIMから音声通話対応SIMに変更するときは

  1. NifMoのデータ専用SIMは持ったまま、新しくニフティのアカウントを取ります。
  2. auからナンバーポータビリティの予約番号をもらい、ニフモの音声対応SIMを購入し手続きをします。
  3. データ専用SIMの解除申請をして(解除日までは使える)、解除できたらSIMを郵送で返却する。

NifMoのSIMは、データ専用から音声対応へプラン変更したいとき、SIMを変えなければなりません。スマホを使えない期間が生じてしまいます。

なので、いっときだけ2枚のSIMとアカウントを保持して、後からデータ専用SIMを解除します。そうすると、長年使用してきた方のニフティのアドレスも使えるままです。長く使用しているニフティのアカウントを、音声通話対応SIMのアカウントに変更することもできるそうです。

時間差の手続きになってしまいますが、スマホを使えるまま、ニフティのメールアドレスも使えるままで、生活に支障なく移行できました。また、家から出ずにネットだけで手続きできるのも楽ちんでした。


スポンサーリンク