自営業で一人暮らし、電力会社乗り換えたら、8月から10月「3ヶ月間」の電気料金は安くなったか?

私の親しい友人も知らないうちに電力会社を乗り換えていました。

「東京ガスにしたの。」

2016年4月から電力自由化。実際に乗り換えたのは、まだ2%だとか。私のまわりでは珍しくないです。私の家も東京ガスに乗り換えました。同じ電力会社ですが、家族構成が違います。4人家族は、安くなりました。では、一人暮らし(なおかつ自営業)ではどうでしょう。

自営業、一人暮らし。東京ガスに電力会社変更

8月から乗り換えて、3ヶ月が経過。どのくらい、金額が変わったでしょうか。一人暮らしでも、仕事場が家と一緒であれば電気代はけっこうな金額です。

「電力会社を変えただけで、電気代がかなり違う。」と実感したそうです。

お友達とはいえ、「明細を確認したいから探してきて」とはいえませんでしたが、明細を細かく確認しなくても、ざっくりした差額はわかるのではないかと考えました。

明細なしでも、通帳でざっくり確認できる

電力会社を、東京電力から東京ガスへ乗り換えると、ガス代と電気代の明細も1枚になりますし、引き落としも一緒です。通帳から引き落としになっている場合、東京ガスは、「電気料金+ガス料金」で落とされています。

2016年8月の引き落としは「東京ガス(電気)+(ガス)」の合算ですから、2015年8月の引き落とし「東京ガス(ガス)」と「東京電力(電気)」を足して比較します。

通帳を見るだけでも、昨年の金額と今年の金額がだいたい確認できます。

自営業、一人暮らしの場合、夏場の電気代は安くなったか

一人暮らし、8月から10月電気料金の比較(ガス料金との合算から)
8月から10月のガス料金と電気料金の合計(税抜)。昨年と比較して安くなりました。

それにしても8月の6,000円弱の差は大きいです。9月は安くなっていませんが、たった3ヶ月の比較で、6,000円の差が出ました。9月は乗り換え前の年のほうが安かったです。実は4人家族のわが家でも9月は同じように逆転していました。昨年の9月よりも今年の9月のほうが電気を多く使うほど暑い日が多かったのでしょうか。

東京ガスの電気には選ばれる3つの理由が!

エネチェンジ電力比較

4人家族で電力会社乗り換え。2016年6月から9月「4ヶ月間」の電気料金は安くなったか

4月に乗り換えを申し込みしていた電力会社。東京電力から東京ガスへ!今年の夏は特に節電を考えずに生活。電気料金は果たして安くなったのか、確認しました。

4人家族の場合、夏場の電気代は安くなったか

6月から9月の電気料金の比較
6月から9月の電気料金(税抜)。昨年と比較して安くなりました。

家族構成:大人二人、小学生二人の四人家族。
節電の努力:無駄に使いたくはないけど、健康優先の電気使用。

シンプルに、明細の電気料金の金額を比較しました。電力会社を変えただけで、4ヶ月で7000円も安くなっています。たいへん満足しています。4人家族で子供がいる家庭としては電気代は多くないように見えるかもしれません。しかし、わが家の場合は、夏よりも冬のほうが電気を使います。差が出るのはこれからだと予想しています。

 

明細で見ると電力会社乗り換えは6月スタート

2016年4月はメーターの交換が済んでいないと電気会社を換える事ができませんでした。交換作業も順番まち。わが家の場合は、電力会社を乗り換える事ははじめから決めていましたが、メーターの交換まちで切り替えが遅れました。電気使用は5月から。6月の東京ガスの明細から、「電気料金」の記載が見られます。

しかし、電力会社の料金プランがこなれてくるのは、これからです。あわてて乗り換える必要もないな、とも考えていました。乗り換えるのはいつでもいいのです。

電気使用量と料金の比較

東京電力だった昨年、8月は特に電気をたくさん使ったようなのです。なので電気料金(税抜)は、2015年6月6,821円、7月6,761円、なのに対して、8月はどどんと増えました。

10,532円です。

多い〜。クーラーですね、きっと!

電気の使用量を見ると、2015年7月が247kWhなのに対して、8月は383kWhです。

東京ガスに切り替えた今年2016年8月は、特に使用量が多くないので、同じ8月を比較したところ、金額の差は大きくなりました。

また、9月だけは昨年よりも電気料金が200円くらい多いです。

昨年(2015)9月は電気使用量251kWhなのに対して、今年(2016)は294kWh。約40kWh多くて金額は200円ちょっと多いです。7月は昨年より約20kWh少ない使用で1,000円以上も安いです。

電気料金が月1万円いかなくても、お得でした

電気料金が月に1万円以上いくような、4人家族で子供がいる家庭は、東京ガスに乗り換えると、安くなるだろうとは思っていました。

しかし、実際は5000円から6000円の電気料金であっても、安くなっていました。

 

東京ガスの電気には選ばれる3つの理由が!

エネチェンジ電力比較

電力会社を乗り換えた3家。4人家族、2人家族、1人暮らし

電力自由化、レゴ作品電力自由化で供給会社を乗り換えました。私のまわりの親しい家族も同じく乗り換えています。電力自由化されても、6月末で申込数は全体の2%だそうですが(産経ニュースより)、私の周辺のもっとも親しい家族、ふたつの家は乗り換え済み。電力自由化の雑談をしたその場では(3家族ですが)、乗り換え率100%、そして東京ガス100%(笑)

私の周辺で乗り換えした家庭、4人家族

東京在住4人家族(子供あり)。乗り換え先は東京ガス。4月解禁で即乗り換えずみ。これはわが家のこと。子供がいる家庭では、電力会社の乗り換えで、電気料金が下がるメリットが大きいと思います。実際、昨年の同月の電気料金で明確に差がありました。「携帯会社のしばりがイヤ」「ネット回線もしばりがイヤ」という自由志向。電力会社乗り換えは、わが家では当たり前のことでした。

私の周辺で乗り換えした家庭、2人家族

東京在住2人家族(子供なし)。乗り換え先は東京ガス。共働きで、日中はマンションに人がいないのですが、こちらも4月解禁で即乗り換えずみ。「節電はエコのためでなく、節約のため」と言い切るドライな40代。書類にめっぽう強い奥さんと、家電王子の旦那さんの夫婦も、乗り換え即決。料金は安くなってるのか、ききたいところ。

私の周辺で乗り換えした家庭、1人ぐらし

東京在住1人暮らし。乗り換え先は東京ガス。ただし自宅で自営業。4月解禁で即乗り換えずみ。長く経営してきただけあって、乗り換えへの判断は早く、資料も熟読。誰に相談するでもない1人暮らしで、すぐ乗り換えられるのは珍しいタイプ?

相談したわけではないけど、みんな東京ガスに即乗り換えしていた

つい最近の(2016年8月)雑談のなかで、お互いが電力会社を乗り換えたことをはじめて知りました。「やっぱりー?」というかんじ。そのとき、乗り換えしない家庭数が多い事にみんな驚いていました。少数派だということに自覚の無い仲間だということでもあります。

東京ガスの電気には選ばれる3つの理由が!

エネチェンジ電力比較