朝顔の種は、植える前に水につける[2日後発芽]

朝顔を植えるために朝顔の観察

1年生は、小学校で朝顔を育てます。夏休みにも鉢を持ち帰りました。余った種を20個ほどもらっていましたので、もう9月になるのに、朝顔を植えてみようと思います。

朝顔の種、9/12、水につける

朝顔の種は、まず水に浸けます。

ひたひたの水に浸けておくと、殻が割れて発芽しやすいです。

簡単なんです。水につけて、ほったらかし。殻が割れたら、植木鉢に浅くセットします。

翌日には殻が破れ、翌々日には双葉が見える

種を水にひたしておくと、次の日には殻が割れて、根がにょっきり出てきました。朝顔の種、9/13

2日後には、双葉が見えました。

朝顔の種、9/13

種を二日も水に浸けなくても良かったようです。忙しくてほっといたら、思っていたよりも芽がでちゃいました。もう植えないと!

水にひたして二日後には、植えました。

20個あった種はほとんど発芽しました。いくつか人にさしあげたりしましたが、10本前後の朝顔が双葉を出しています。

コメント

  1. […] 9/12(2016年)に種を水に浸しました。この日を1日目として、7日目には支柱をたてました。 […]

タイトルとURLをコピーしました