Macで音声入力を使うことにした理由

左腕が思うように動かないため、macで音声入力を試してみることにしました。拡張音声入力をオフにしています。楽しい!

音声入力

音声入力を使うことにしたきっかけ

朝起きたら急に左腕の動きがおかしくなっていて、病院に行ったところ、1週間は安静にしなければならなくなってしまいました。

なんでしょうね〜。長年グラフィックデザイナーをしてきて、体を酷使してきたのはわかっているので、そろそろ年齢を考えつつうまく疲労を避けるよう克服しないといけないのかもしれません。

そこで、音声入力をやってみようと考えました。

グーグルの音声入力とMacの音声入力

音声入力といえば、やはりGoogleの音声入力が有名です。私はスマホもアンドロイドなので、はじめはGoogleの音声入力を使おうと考えていました。

しかし、Googleの音声入力はGoogleドキュメントでないと使えないらしいです(2018年10月現在)。それでは、ブログの文章を入力したいときに、わざわざGoogleドキュメントからコピーペーストしてこないといけません。

ただコピーペーストする作業も、今の私にはちょっと辛い。

マックの音声入力には、拡張音声入力と言う機能があり、オフラインで使いたい時などはオンにしておきます。789メガのファイルをダウンロードすれば使えるみたいです。便利な機能なのですが、オフラインで使うよりもオンラインでアップルに入力した情報を送信したほうがスムーズだとか。

実際にやってみると非常にスムーズに文章が入力されて行きます。これには感動しました。

毎日停電するインドではオフライン作業も必要

拡張音声入力は普段はオフにしておきますが、ネットが使えないところでは拡張音声入力を使ってみたいと思っています。

なぜなら、インドでは毎日停電があります。大きな建物では予備電源が働くので、停電してる時間はわずかながらも、インターネットのルーターは復旧するまでに数分かかることもあります。なので、オフラインで作業できるMacの入力は必要な気がします。

音声入力へのショートカットは設定すべし

また、音声入力を開始するキーを設定することができます。私の場合はノートパソコンなのでファンクションキーがフルキーボードとは違うのです。右のコマンドを2回叩くように設定しました。

他にやってみたいこと

声だけでMacが動いてくれるのならとても便利。今回、体調不良になったことで、音声入力にとても興味がわきました。外出中にメモしたいことなどがあっても、スマホでGoogleドキュメントに簡単に文章を残すこともできます。

マックの音声入力を使いますが、並行してスマホからもGoogleの音声入力を使ってみようと思っています。そして、Siriにも興味がわきました。AIは、どうやって使ったらいいのかなぁと、便利な使い方を探りながら遊んで行けたらいいかなと、ワクワクしてます。


スポンサーリンク




インドのダシェラ(Dussehra)祭り、窓からのぞく

インドの三大祭りの一つ、ダシェラ祭り「Dussehra」は、国民の休日にも指定されており、小学校は休みにもなりました。

夜になると花火が上がり大きな人形に火がつけられます。このマンションでも広場で人形に火がつけられました。部屋の窓から花火も人形も見ることができたので、外には出ませんでしたが、庭にはお店がいくつか出ていたようです。

私の体調が良くなかったので、部屋の窓からお祭りの様子が見られてよかったです。花火が次々に上がるの子供と一緒に見ることができて、それはやっぱり楽しかった。


スポンサーリンク




インド現地では観賞魚が獲れるらしい

インドでは日本食が食べられるレストランは、貴重。

ほとんどインドのカレーを食べない私の家族にとって日本食のレストランや、居酒屋さんは心の故郷になりつつあります。

今日は、子供とモール(日本で言うデパート)でランチ。

「まなみ」で食事を終えて、帰ろうと席をたつと、子供が店内の水槽に張り付いていました。水槽のメンテナンスをしていた、お店の方がこんなことを教えてくださいました。

「この水槽の魚は、全部、この辺りの川でとってきたんだよ。」

メダカやタナゴに似た、地味カラーだけど形のきれいな魚が何種類も泳いでいました。

「これはグラスフィッシュ、これはグラミー、、、」

私は金魚が好きなので、熱帯魚屋さんで見かけたお魚はいくつか知っています。そんなお魚が、とれちゃうんですねえ。

水槽で飼うなら、近所の川や池に棲んでいるお魚を飼いたいものです。増えたりしても、また川に返すことができます。遠隔地の魚は、生態系を壊すかもしれないし、同じ種類の魚でも、別の河川の個体は遺伝子的に汚染してしまうかもしれません。

インドで水槽を構えてもいいかも。この近辺の魚なら。

インドで仕事をする日本人の意識の高さを知ルコとができた、ランチでした。