レゴを飾るために壁に棚を設置

壁に飾り棚を設置してもらいました。

飾り棚にレゴのロボット

この棚は、インドのホームセンター(という店の名前)で購入。横の長さの違う3種類の棚が同梱されており、同じ長さのものが欲しかったので、3本セットのものを2つ購入しました。

まず壁の構造を問い合わせる

ここ部屋の壁は漆喰が厚くなっており、その奥はコンクリートです。引っ越しした日に、不動産業者と工事している業者に確認してありました。また、重量のある姿見をかけてもらっているので、同じ工法なら技術的には設置可能です。

飾り棚の設置方法も確認

漆喰部分にネジ穴を作るために、ドリルで2~3mmの穴を開けてプラスチックの部品を埋め込みます。その購入した商品が部屋の壁に設置できるか、店頭でよく確認しました。まず、商品の棚を購入し、その箱を工事業者に見せました。

【注意:電動ドリルを使います。現状復帰できる工事なのか確認し、さらに壁に穴を開けてもいいかどうか、不動産業者に許可が必要でした。】

業者に委託

ドリルがあれば自分で設置できるかもですが、責任が取れません。不動産屋さんに業者を呼んでもらいました。

棚が水平に設置されるためには、微調整が必要でした。

ネジ穴を作って、棚板をはめて行くのですが、壁との間に隙間ができて板が水平にならない部分ができます。なので、強力な両面テープを部分的に使って、調整してもらいました。

満足です!

レゴは、ポツンと一つ二つくらいをおく方が可愛いかもしれません。棚の高さの違いを生かして、高さのある作品も飾ってあげたい。。。

 

 

海苔を切っておくだけ!5分でハロウィンの日のおにぎり

せっかくのハロウィンの日に、時間がなくて何もできないかもしれない(寝坊するかも!)。そんな不安が的中してしまいましたが、忙しい朝の5分でハロウィンの痕跡を残すことに成功。

ハロウィン、おにぎり、2個

これ以上はない、手抜きハロウィンです。

前々日くらいから、海苔を切っておきました。目の三角と口元のカタチをいくつもです。料理センスのない私のような人は、どのくらいの大きさで切ればいいかもわからないものですから、何種類もパーツを作っておいたんです。

 

ハロウィン、おにぎり、A

ささっと握って、海苔をペタッと貼るだけ。ラップしておしまいです(しかも握ったのはお父さん)。

ハロウィン、おにぎり、B

来年のハロウィンは、もうちょっと出来るかも。。。


スポンサーリンク




料理下手が作る!ハロウィンマンの簡単スイートポテト(20分)

ガイコツポテト6

私は料理ができないのですが、子供が喜ぶとキタイしてハロウィンらしいお菓子を作ってみました。ほんとに短時間で簡単にできました。

準備したもの

さつまいも(中3本)、バニラアイスクリーム(適当)

ハロウィン、簡単スイートポテト

本当に適当に作った

まずサツマイモを皮をむいてふかします。皮は取っておきます。

ふかしたサツマイモ潰し、バニラアイスクリームと混ぜて、お団子にします。とっておいたサツマイモの皮を細く切って顔を作ります。

200度に熱していたオーブンに入れて8分。

スイートポテト、お皿に

ガイコツなのかジャック=オ=ランタンなのか

これは子供が絵にかいたハロウィンマンです。よく見ると、口元はガイコツっぽいんだけど、目元はジャック=オ=ランタンですね。慌てて作っているので出来上がってみると、じわりと笑えてくるものがあります。

子供の評価

「ママが作ったのか。。。」と疑いの目をしていましたが、他に何もおやつを出さなければ、食べるしかありません(当然出さない)。

食べてみると、美味しかったようで、喜んでもらえました。

これなら、短時間でささっと作れるので、ハロウィンにもきっと作ることができると思います。忙しいときにも作れるものがあると、料理下手には、とてもウレシイものなんです。


スポンサーリンク