工作:「冒険者の水中カメラ」

水中カメラ、工作2

お菓子の箱と、ラップの芯などで作った、水中カメラです。黒い部分は絵の具です。よく色が乗っています。レンズの部分にはペットボトルの底を切り出してはめ込んでいます。

水中カメラ、工作、レンズ

水中カメラマンが、海中の洞窟などを探検してくるときに持っているような、大きめのカメラをイメージして作っていました。

父親が参加すると工作のレベルが上がりますね。私にはここまでできません。子供も大喜びでした。

 

水中カメラ、工作、持ち手

水中カメラは両手で持てるように左右に持ち手があります。

水中カメラ、工作、背面

背面です。ちゃんと液晶がありますよ。ファインダーにはペットボトルのキャップを使用。

水中カメラ、工作、ひも

首から下げられるようにストラップ(ただのひも)をつけました。

水中カメラ、工作

かなり遊んだので、すでに持ち手が曲がってきてます。


スポンサーリンク




「Syngonium」シンゴニウムをもらってきた。

シンゴニウム、うちにきて4日目

インドでは誕生日は大事なイベント。小学校のクラスの誰かが誕生日だと、ケーキを持ち込んだり(親が切り分けてた)、私服(ドレス?)で来ることが許されたり、モールでカフェを貸切ってバースデーパーティーをしたりします。

次男が鉢植えをもらって帰ってきました。A君の誕生日で、クラスのみんなにプレゼントが配られたと。

小さな鉢植えは、綺麗な染めが施された紙袋に入れられて、ちゃんと次男の名前が書かれていました。感動します。

シンゴニウム

「Syngonium」、2日に1回、100ミリリットルの水をあげる、日に当てる時間は、、、など育て方が書かれた札が付いていました。

どうも、ジャングルの大きな木に巻きついて育つ植物らしく、日陰で育つようです。ちょっと興味が出たのは、葉が付いた茎をコップの水に挿すだけでも根が出て来る、というところ。

大きくなりすぎないように剪定しないと、ぐんぐん伸びちゃうような丈夫な植物。安心しました。

今は冬なので、水やりは控えめなんでしょうね。


スポンサーリンク




マイクラで建築。リカちゃんハウス完成

初めて主人がお家を建築しました。マイクラで。

お見事なお家ですが、息子の本を参考にして作ってみたそうです。いつのまにか名前がつきました。

「リカちゃんハウス!」

マイクラ、リカちゃんハウス

車庫があって、赤い車が停まってたりします。上手くできて、お父さんホクホク。

マイクラ、リカちゃんハウス、夜

夜はライトアップされて、ホラーリカちゃんハウス。

マイクラ、リカちゃんハウス、銅像

正面玄関には呼び鈴らしき装置があり(鳴らないけど)、その柱の上にたつと、キャラクターが銅像のように見えます。


スポンサーリンク