修理に出して気付く、私にとってのMacの存在の大きさ

キーボードの修理

キーボードに不具合があり、修理に出しました。

  • MacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 ports)
  • 症状:キーボードの一部で、打鍵感が悪い。数字キーが反応しない。
  • メーカーで、修理プログラムが発表されていたので、カスタマーに連絡
  • 修理期間: 配送含め3日間(月曜連絡、戻り木曜)

電話で相談するまで、2日間、無駄に悩む

数字キーがおかしくなり、仕事に支障が出たため、やむなく修理に出すことに。週末のあいだ、Macがおかしくてうじうじと悩む。今思えば無駄な時間だった。修理期間や、修理にかかる費用がわからなかったため、仕事が一段落するまで、やり過ごそうかとも考えたが、ネットで検索してみると同じ症状の人が修理に出していることを知り、思い切ってカスタマーに電話してみた。

月曜の朝にカスタマーに連絡した。

症状とMacの型番、年式を伝え、修理プログラムの対象か尋ねた。それでも、修理に出してみないことには、正確な修理期間はわからないそう。クロネコヤマトがピックアップしてくれるのが、申し込んで次の日。そこから「早くて、3営業日」と言われ、その通りわずか3日で戻ってきた。

火曜の午前中にクロネコヤマトがピックアップ。

ピックは非常に簡単。本体のみ、むき出しで業者に手渡す。くれぐれも、うちの子をよろしくと、涙が出そうになるが、信用して託す(当たり前)。キーボードがおかしいと思った瞬間、TimeMachineでデータはバックアップ済み。私のアカウントはパスワードをつけてあるけど、カスタマーに連絡した時に、修理用アカウントを作ってあるので問題なし。

水曜の朝には修理センターで修理が始まる。

朝イチで修理が始まったとWeb上で確認できる。もう届いてるのかー、と感心していると、その日の夕方には修理が終わったようで、配送業者に出したとのこと。素早い。

木曜の朝10時に家に戻って来た

10時にMacが戻る

早い!もう木曜はMacが使えました。クロネコヤマトから、梱包されたMacBookProが戻ってくると、安堵感が。おかえり!

Macが使えなかった期間は2日間だけだった

起動させてみると、全くもって問題なし。また、電池も交換され新しくなったようで、持ちがよくなりました。ヘタレていたんですね。

この2日間で、工夫したことと言えば、いくつかあります。

メールは、スマホから確認するようにしました。仕事を前倒しにして、書類を送っておいたり。また、オンライン会議はiPadでつなぎました(こうした準備とチェックは、カスタマーに連絡する前の週末にしておきました。データのバックアップも連絡前にしてありました)。私は海外ドラマが好きなのですが、それもiPadで。

英文法の勉強はMacを使っています。勉強も、動画鑑賞も、メールも、ラインも、音楽を聞くことさえ、私はMacです。スマホやタブレットで代用できることはできるのですが、やっぱり落ち着かないのです。

おかえり〜。直って嬉しい!