MacBookAirが起動しないので、SSDを自分で交換してみた!所要時間:7分

トランセンド、jetdrive500

息子に譲ったMacBookAirが壊れてしまいました。内臓SSDを自分で交換しましたが、非常に簡単でした。交換作業自体は7分ほどでした。慣れれば3分くらいかも(慣れたくないけど)。

用意したもの

  • MacBookAir(11-inch,2011)
  • [transcend]JetDrive 500

jetdrive 500

2011年のMacBookAirですから、メーカーの保証も切れてますし、インドではパーツも手に入らないと言われました。しかし、純正のパーツはなくても、[transcend]の内臓SSDが使えます。

このMacBookAir(11inch,2011)だと、jetdrive 500の240GBが対応しています。自分のMacBookAirの年式・サイズによって、対応する商品が違うので、確認が必要です。

梱包内容、jetdrive

このjetdrive 500は、MacBookAirを開けるためのドライバーなどが付属しているので、他に用意するものもなく、便利でした。【梱包内容】換装する内臓SSD、ドライバー2種、ネジ3本、アルミの外付けケース、(写真にないけど)USBケーブル

便利だな〜、と思ったのが、この外付けケース。換装前にデータの移行ができるわけです。この外付けケースに新しいSSDをセットして本体に接続できますし、また、換装した後、Macから取り外したSSDを外付けケースにセットすると、外付けストレージとして使うこともできます。とても軽くて早いストレージができます。そして、その外付けSSDから起動させれば、ユーティリティソフトで調子の悪いMacを徹底的に治すこともできます。

今回やりたかったこと

純正の内臓SSDはすでに壊れていますので、外付けケースにしまうことも、事前にデータを移行することもありません。データは(たまたま)バックアップ済みで、必要なぶんはすでに他のMacに移動してあります。

なので、今回やりたかったことは、MacBookAirの内臓SSDをトランセンドの新しいSSDに換装することです。

換装してみた手順

MacBookAirの裏蓋を開けて、SSDを挿しかえるだけ。簡単!

付属のドライバーで裏蓋を開ける

付属したドライバーは2種類。 黒いので開けました。

付属のドライバーでネジを開ける

ネジを外す。

ネジを置く

ネジの長さは2種類。どこのネジか忘れないように、外した穴の近くにネジを置いた。

ネジを外した

10本のネジを外した。

裏蓋を開けたmacbookair

MacBookAirの裏ブタを開ける。まず電源ケーブルを抜き、ネジを外し、SSDを挿しかえます。またネジをしめて、電源ケーブルを挿しこみ、裏蓋を戻しました。

電源ケーブル

販売サイトの動画でわかりにくかったのが、ここ。電源ケーブルは、上の方向に持ち上げるように引き抜きました。壊れそうで怖かったですが、やってみると簡単でした。

交換自体は簡単で、写真を撮りながらでも7分で終了。

OSのインストール

せっかくなので、OSはクリーンインストールします。

MacBookAirに電源ケーブルを繋いで、⌘+Rを押しながら起動。リカバリモード。

HDDが見つからないよ、とクエスチョンマークのフォルダが出てくるので、ユーティリティでフォーマット(拡張ジャーナリング)。

ネットに繋いで出荷当時のOS、Lionがインストールされました。wifi経由だったので時間がかかりましたがクリーンインストールできました。

 


スポンサーリンク




MacBookAir(2011)11インチの電源アダプタ、互換機を購入

macbookair電源アダプタ、45w

MacBookAirを使っていて、電源ケーブルがないことに気づきました。電源ケーブルを破損してしまったり、なくしてしまったときって、たいへん動揺しますよね。そのときに、対処する方法を3つ考えてみました。

電源ケーブルが見当たらないときの対処

実は、電源ケーブルは新しいもの(純正品)を購入したばかりでした。高かったので、非常に悔しい気持ちになりました。結論としてサードパーティ製のケーブルを購入したのですが、ほかにも対処方法を考えていました。

対処1:ケーブルを購入する

対処2:モバイルバッテリーを購入する

対処3:借りる

対処1:ケーブルを購入する 

使用しているケーブルが破損した場合、新しい純正アダプターの購入を考えると思います。私も前回は純正品を購入しました。しかし、今回は純正品を購入して「高いなー」と思っていたところです。

また、今回は破損でなく「見当たらない」のです。のちに出てくるかもしれません。

そこで、サードパーティ製の互換アダプターを購入。Inputは100-240Vなので、安いアダプタをかませば海外でもたぶん使えます。純正品の半額以下です。そして、いまのところ問題なく使用できています。アマゾンで購入して、普通便でしたが翌々日には届きました。

もし、あとから純正の電源アダプターが見つかったとしても、この2つめのアダプターは、外出用や会社用などにしても使うだろうと思います。


macbookair電源アダプタ、100-240v

対処2:モバイルバッテリーを購入する

電源アダプターでなくても、モバイルバッテリーを購入して充電すればいいのかな、とも考えました。あとから電源ケーブルが出て来ても、モバイルバッテリーなら使えます(以前から欲しかったし)。

モバイルバッテリーもたくさんの種類がありますが、購入するなら憧れのハイパージュースかな、と思いました。

しかし、MacBookAir(2011)が古いタイプなので、バッテリーと本体をつなぐケーブルが別に必要になります。金額の面から考えて、今回はこの対処方法は選びませんでした。

対処3:借りる

macbookair電源アダプタ、L字型

このMacBookAir(2011)は、古いMacBookの電源アダプターが使えます。その白いMacBookの電源アダプターはT字型だし60wなのですが、L字型の45wのMacBookAir(2011)につなぐと、ちゃんと充電します。

小学生の息子が使っている古いMacBookの電源アダプターが、たまたま私のMBAにも使えるようでしたので、新しく購入したアダプターが届くまでは、借りることができました。

家に古いMacBookがあったら、調べてみることをおすすめします。

【追記:7/5】数日、互換機を使用してみて、気づいたことがあるので追記します。この互換機に、純正品のあの白い延長ケーブルをつけて充電してみました。充電中に作業しようとすると、マウスが不安定な動きをして飛びます。とても作業しづらいです。延長ケーブルをつけず、互換機単体で充電しているときは、問題なく作業もできるので、上手く接続できないようです。

【対症療法として】極力スリープさせたまま充電しています。充電しながら作業したいときは、延長ケーブルを接続せずコンセントの近くで作業します。または、MacBookの65wの電源ケーブルを借りることにしています。


スポンサーリンク




「使い倒したい!」MacBookAir mid2011をプロジェクターにつなぐためのケーブル

2011年のMacBookAirを活用するために、VGA変換ケーブルを購入しました。

VGA変換ケーブル

PC:MacBookAir mid2011、OS:Lion
ケーブル:[ELECOM]MiniDisplayPort-D-Sub15変換ケーブル

6年前のノートパソコンは、いつまで使えるでしょうか。

仕事で使うソフトさえ、ろくに入れないまま、ブログを書いたりネットで調べものをしたりする程度。いまやスマホがすごい勢いで進化しているなか、このノートを使い続ける一番の理由は、愛着です。好きなんだもん、仕方ないんですよ。

VGA変換ケーブルでしたいこと

このケーブルがあると、Macのデスクトップをプロジェクターでうつすことができます。仕事で使うようなプロジェクターには、VGA端子がついていることが多く、古いタイプのプロジェクターなら、HDMI端子がついていないかもしれません。

プロジェクターの端子を確認

出先のプロジェクターを確認したところ、VGA端子でした。なかば当てずっぽうで購入したのですが、ばっちり使えました。15ピンのちいさいやつかな、とは思っていたのですが、いざ買うときに不安になりました。次はコネクタの写真を撮っておこうと思いました。

MacのThunderbolt出力端子はMiniDisplayPortと互換がある

MacBookAirの出力端子はThunderboltです。MiniDisplayPortと同じカタチですので使えるのかな、と思っていたら互換性がありました。ThunderboltはMiniDisplayPortの上位互換。MiniDisplayPortのケーブルは、MacのThunderbolt端子に使う事ができます。

端子の形状vga(d-sub 15pinミニ、オス)、mini displayport(オス)

左が、VGA(d-sub 15pinミニ、オス)。右が、MiniDisplayPort(オス)です。

がんばれ、古いMacBookAir!


スポンサーリンク