MacBookAir(2011)11インチの電源アダプタ、互換機を購入

macbookair電源アダプタ、L字型MacとWordPress

macbookair電源アダプタ、45w

MacBookAirを使っていて、電源ケーブルがないことに気づきました。電源ケーブルを破損してしまったり、なくしてしまったときって、たいへん動揺しますよね。そのときに、対処する方法を3つ考えてみました。

電源ケーブルが見当たらないときの対処

実は、電源ケーブルは新しいもの(純正品)を購入したばかりでした。高かったので、非常に悔しい気持ちになりました。結論としてサードパーティ製のケーブルを購入したのですが、ほかにも対処方法を考えていました。

対処1:ケーブルを購入する

対処2:モバイルバッテリーを購入する

対処3:借りる

対処1:ケーブルを購入する 

使用しているケーブルが破損した場合、新しい純正アダプターの購入を考えると思います。私も前回は純正品を購入しました。しかし、今回は純正品を購入して「高いなー」と思っていたところです。

また、今回は破損でなく「見当たらない」のです。のちに出てくるかもしれません。

そこで、サードパーティ製の互換アダプターを購入。Inputは100-240Vなので、安いアダプタをかませば海外でもたぶん使えます。純正品の半額以下です。そして、いまのところ問題なく使用できています。アマゾンで購入して、普通便でしたが翌々日には届きました。

もし、あとから純正の電源アダプターが見つかったとしても、この2つめのアダプターは、外出用や会社用などにしても使うだろうと思います。


macbookair電源アダプタ、100-240v

対処2:モバイルバッテリーを購入する

電源アダプターでなくても、モバイルバッテリーを購入して充電すればいいのかな、とも考えました。あとから電源ケーブルが出て来ても、モバイルバッテリーなら使えます(以前から欲しかったし)。

モバイルバッテリーもたくさんの種類がありますが、購入するなら憧れのハイパージュースかな、と思いました。

しかし、MacBookAir(2011)が古いタイプなので、バッテリーと本体をつなぐケーブルが別に必要になります。金額の面から考えて、今回はこの対処方法は選びませんでした。

対処3:借りる

macbookair電源アダプタ、L字型

このMacBookAir(2011)は、古いMacBookの電源アダプターが使えます。その白いMacBookの電源アダプターはT字型だし60wなのですが、L字型の45wのMacBookAir(2011)につなぐと、ちゃんと充電します。

小学生の息子が使っている古いMacBookの電源アダプターが、たまたま私のMBAにも使えるようでしたので、新しく購入したアダプターが届くまでは、借りることができました。

家に古いMacBookがあったら、調べてみることをおすすめします。

【追記:7/5】数日、互換機を使用してみて、気づいたことがあるので追記します。この互換機に、純正品のあの白い延長ケーブルをつけて充電してみました。充電中に作業しようとすると、マウスが不安定な動きをして飛びます。とても作業しづらいです。延長ケーブルをつけず、互換機単体で充電しているときは、問題なく作業もできるので、上手く接続できないようです。

【対症療法として】極力スリープさせたまま充電しています。充電しながら作業したいときは、延長ケーブルを接続せずコンセントの近くで作業します。または、MacBookの65wの電源ケーブルを借りることにしています。

【追記Apr.2020】このMBAは、のちに長男に譲りました。長男が使いづらそうにしていたので、電源ケーブルは正規品を買い直しました。互換機はしばらくは使いましたが、結局純正の電源ケーブルが良かったようです。このMacBookAirを、まだ長く使ってくれるなら、電源周りは高くても純正品がいいと思いました。ちなみに、海外で生活している時には、海外用の電源アダプターを使っているので、長男は純正の電源アダプターを2つ持っています。