インスピレーションを感じた経験

子供が作文を書いていて、そこで、面白い言葉がありました。

「直感」です。

「直感」と「直観」は似ているようで、実は違う言葉なのですが、インスピレーションだと捉えると、かろうじて私にもわかるような気がします。

デザイナーなので、仕事上でインスピレーションを感じる場面は、もちろんあります。また、家庭でもありました。

28歳頃まで、私は子供どころか結婚もしないものだと決めつけていました。仕事が好きで好きで、休みもろくに取らない生活が当たり前のように思っていました。

しかし、28歳のある日。街を歩いていて、子供づれの女性とすれ違った時に、なぜかわからないのですが、子供が可愛く見えたんです。その日は、出会う子供や赤ちゃんが、全員輝くように可愛い。それまで、意識していませんでしたが、街には幸せな子供がたくさん歩いていたんです。

「ああ、私は子供を持つだろうな。」

と感じました。急にどこから降ってきたのか、そんな気持ちが突然に頭の中に閃いたのを覚えています。

その閃きから数年間、気のすむまで馬車馬のように働き、結婚してからも働き、また子供が生まれてからも働きました。仕事が嫌になった訳でもなく、急に結婚したくなった訳でもないのですが、その不思議な感覚は忘れられません。

 

JR蒲田の発車標が

JR毛品東北線の蒲田駅の電光掲示板がいつのまにか変わってる!なんか、見やすい!

蒲田、発車標、LCD式

このキレイな発車標(発車標というのも初めて知った!)はLCD式と言われるもの。LCDとは、「liquid crystal display」の略。

いつのまに。。。

知ってましたか?

2019年、7月現在ですが、久しぶりに京浜東北線に乗って気づきました。先週、JR山手線に乗った時は気づかなかったので、今の所、京浜東北だけなのかしら?

 
スポンサーリンク




子供に将棋で負けたため、不機嫌になる

将棋盤

ゲームで負けて、ムキになったことはありますか?

小学生の息子に将棋で負けて、本気で不機嫌になってしまいました。よもや、負けるとは思ってもみませんでした。

小学6年生の長男に、負けた。。。

そして、6年生の長男は4年生の次男に負けるんですよ。

次男が私と将棋で遊びたがっていますが、まだ遊んであげていません。ああ、自分の心がこんなに狭いなんて、いやだなあ。

同じレベルで遊べるので、本当に楽しいです。いや、悔しい時も多いけど!

将棋セット

将棋セットは、足がついたものだと雰囲気があって素敵〜と思います。

ホンモノ志向なものは、一木造りで、音の良い木材なようです。もちろん、そんなものは買えません。だって、将棋をいつまで遊ぶかわからないのですから。

信じられないほど安いらしい将棋セット

本物の木ではないため、重くなく、子供でも移動させられます。多少の傷も気にせず使えます。将棋盤、駒台、箱入りの駒がセットになってます。ネットで注文しました。

この駒台は、サイトの写真で見るより、ちょっと立派。足もちゃんと猫足(猫足って言うのか?)です。一木造りでなくても十分、雰囲気を味わってます。

材質も作りもエコな感じですが、大喜びで遊んでいます。これをきっかけに、将棋が好きになってくれると嬉しいな、と思います。