オンエア終わっても遊ぶおもちゃ

CA3H0897

ゴーバスターズのおもちゃは、かっこ良かったので捨てがたく、とっておいてます。たまに出してあそんでくれています。ゴーバスターズの次が、キョウリュウジャーで、いまはトッキュウジャーです。恐竜もかわいかったし、電車系はまた違った魅力があります。毎年のように購入します。こどもたちはこれらを、いつかは捨てて大人になるのかな、とさみしくなるので、せめて写真でとっておいてあげたいです。

朝顔のつるが巻き始める

室内のメダカ水槽に吊るしていた朝顔が、つるを長く伸ばして水槽からはみ出てきたので、ベランダに出しました。ひもにまきつけてあげたのですが、右回りだったか左回りだったか、忘れてしまったので、適当です。ガラスの瓶に、プラスチックコップごと入れて、下の水に空気がはいるようにクリップをはさみこんで少し浮かしました。下の水は、メダカ水槽の水をいれました。最初は下のガラス部分の水にメダカを入れたのですが、メダカのために水換えができなそうだったので、メダカを出してしまいました。朝顔の水耕栽培ができるといいなと思っています。メダカを飼った水の栄養をとってほしい。白いコンテナに吊った朝顔も元気です。根をたくさん伸ばして、メダカが隠れて遊んでいます。

CA3H0893
CA3H0890CA3H0895CA3H0896

梅酒を漬けました。

梅酒を漬けました。久しぶりにスーパーへ行ってみたら、青梅が安く売られていました。買った梅は、紀州南高梅と比べると1kgで150円ほど安く、そこからさらに半額となってました。梅酒の瓶と氷砂糖、ありふれたホワイトリカーも買って家に帰りました。以前から果実酒を漬けてみたかったのですが、家族が「梅がいい」と言うので、ベタな梅を漬けました。3リットルの瓶に、青梅1kg、氷砂糖1kg、ホワイトリカー1800mlです。
梅を水洗いして、ヘタをとります。竹串を使うようですが、割り箸をカッターで鉛筆のように削って代用しました。持ちやすかった。梅を水に沈めて4時間おきます。その間に、梅酒の瓶を水で良く洗い、乾かします。4時間水に沈めておいた梅をひきあげて、ざるにあげます。乾いた梅酒の瓶の内側をホワイトリカーで拭きます。30分ほどざるにあげておいた梅をさらに布巾で水気をとります。梅、氷砂糖、梅、氷砂糖とサンドイッチにして瓶に入れ、ホワイトリカーを注ぎます。ホワイトリカーは全部はいりませんでした。はじめのうちは、2〜3日ごとに1回フタを開けて空気を出すそうです。1年で梅を引き上げるそうです。

CA3H0888

CA3H0887