玄関マグネット「よ」

玄関マグネット「よ」

玄関にはっつけたマグネットのレゴ。もう新しい形は作らないだろうと思っていましたが、子供の創造性をなめていました。

ひらがなの「よ」ですか。。。

昨日は写真に取りはぐれましたが「だ」の字がありました。「だ」「よ」と来たのです。その前は何か字を作ってたっけ?悔しいけど、思い出せません。。。

レゴの簡単クリスマス飾り【2018】

サンタの帽子、レゴ

今年もレゴでクリスマスの飾りを作りました。簡単なものですが、子供と一緒に作るのは楽しいです。

レゴ、クリスマス、星

子供が作った星です。今までで一番「星」っぽい!

小さいツリー

作者曰く、「世界でもっとも小さいレゴツリーを目指した」とのこと。もっと小さくできる、とも思いますが、雰囲気を出しつつ小型化を目指したのは、良かったかなと。

ツリーの星

ツリーの星部分をメインにした飾り。ランダムに枝を伸ばそうと、上から作っています。緑のブロックが足りないことはわかっていたので、いっそ赤や黒でシックに作ろうと思いました。それでも足りない。。。

中くらいのツリー

小さなツリーはシンプルな方が可愛い。。。

レゴのクリスマス飾り2018


スポンサーリンク




レゴを飾るために壁に棚を設置

壁に飾り棚を設置してもらいました。

飾り棚にレゴのロボット

この棚は、インドのホームセンター(という店の名前)で購入。横の長さの違う3種類の棚が同梱されており、同じ長さのものが欲しかったので、3本セットのものを2つ購入しました。

ちょっとした棚ができた
ちょっとした棚ができた

まず壁の構造を問い合わせる

ここ部屋の壁は漆喰が厚くなっており、その奥はコンクリートです。引っ越しした日に、不動産業者と工事している業者に確認してありました。また、重量のある姿見をかけてもらっているので、同じ工法なら技術的には設置可能です。

飾り棚の設置方法も確認

漆喰部分にネジ穴を作るために、ドリルで2~3mmの穴を開けてプラスチックの部品を埋め込みます。その購入した商品が部屋の壁に設置できるか、店頭でよく確認しました。まず、商品の棚を購入し、その箱を工事業者に見せました。

【注意:電動ドリルを使います。現状復帰できる工事なのか確認し、さらに壁に穴を開けてもいいかどうか、不動産業者に許可が必要でした。】

業者に委託

ドリルがあれば自分で設置できるかもですが、責任が取れません。不動産屋さんに業者を呼んでもらいました。

棚が水平に設置されるためには、微調整が必要でした。

ネジ穴を作って、棚板をはめて行くのですが、壁との間に隙間ができて板が水平にならない部分ができます。なので、強力な両面テープを部分的に使って、調整してもらいました。

微調整するためにテープを貼った部分
微調整するためにテープを貼った部分

満足です!

レゴは、ポツンと一つ二つくらいをおく方が可愛いかもしれません。棚の高さの違いを生かして、高さのある作品も飾ってあげたい。。。