故障したMacBookAir、どこまでお金をかけるべき?

12月にインドで壊れてしまいましたが、みごと復活。起動する時間も短くなった気がします!

11インチのMacBookAirは非常に使い勝手が良く、5年以上も使っていてもスタイルの良さはずっと気に入っていました。息子に譲ったものですが、初めから直してあげようと思っていました。

MacBookAir(11-inch,2011)なら一択だった

このMacBookAirは11-inch、2011年のもの。トランセンドの内臓SSDはjetdrive 500の240GBしか対応していませんから、約24000円で内臓ストレージを購入しました。

もし13inchだったら、480GB/960GBも選べます。480GBで約45000円、960GBで約83000円します。でも、83000円も出すなら、もう少しお金を足して新しいMacBookAirを買いますよね?

内臓SSDは約24000円で240GBでいいなあ、と思いました。

あと何年使うか

5年以上も使ったのですから、電池もヘタレています。45000円でストレージを増やすよりも、24000円でSSD+バッテリー(1万円しないくらい)を交換した方がいいです。

しかし、4GBのメモリで2011年のMacです。あと何年使えるでしょうか。5年は使わない。快適に使いたいなら、いいとこ2年くらい。バッテリーにお金をかけてもいいけど、それなら次のノートのために取っておくべきかな。

修理費はミニマムに

内臓SSDは選ぶ余地もなく、またバッテリーの交換もしませんでした。修理費はかなり抑えられました。

それでもMacBookAirは、速くなり、息子たちはYouTubeを楽しんでいます。


スポンサーリンク




MacBookAirが起動しない。インドで直そうと試みた

息子が使用しているMacBookAir。まあまあ古いもので、私のお下がりです。ついに起動しなくなりました。

リカバリモードで起動すると、ネット経由でOSをインストールしたり、ユーティリティソフトを使ったりできますが、最後までインストールできずに止まってしまいました。外付けHDDから起動できるようにもなりましたが、やはりダメ。

本体だけで起動させると、画面にはフォルダにクエスチョンマークが。起動ディスクが見つからないってやつです。。。

他のMacからターゲットディスクモードで認識して直したい

持っているMac

  • MacBookAir(11-inch,2011)壊れた方
  • MacPro(2010mid)
  • MacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 ports)

必要なもの

  • Apple Thunderbolt ケーブル
  • Thunderbolt 3 (USB-C) – Thunderbolt 2 アダプタ

Apple Thunderbolt ケーブルを使うと、Thunderbolt に対応する 2 台の Mac をターゲットディスクモードでつないだりできます。

私のMacBookProのデスクトップに外付けhddとしてMacBookAirを認識させれば、ユーティリティソフトで直したりできるかもしれません。2017年購入のMBPには、Thunderbolt3(いわゆるusb-c)のコネクタしかないので、アダプタが別に必要。

壊れたMBAを起動させるときに「T」キーを長押ししてると、雷のようなマークが画面に表示されます。ターゲットディスクモードで立ち上がることが確認できたので、あとはケーブルだけ。

しかし、このケーブルが、インドではなっかなか手に入らなかったんです。大手通販サイトでは、アダプタはなく、ケーブルも日本で購入する倍の金額。買えない!

結局、リペアショップに行ったが直らなかった

デリーには大きなアップルストアがあるようなのですが、グルガオンにあるのはモバイルショップばかり(それはたくさんありました)。地図をみながらリペアショップを探しましたが、もう閉鎖されていたり、thunderboltケーブルを置いていなかったり。

ガレリアマーケットという、大きな商店街に行くと、アップルショップが2軒も。そこでは修理できませんでしたが、リペアショップの場所を教えてくれました。

もしケーブルが購入できるならいいな、と思い、MGロードの先のリペアショップへ移動。

そこは正規のアップル修理店。私はケーブルとアダプタが欲しい、というのに、「とにかく本体をもってこい」と。故障の状態で価格が随分違うことはわかっているのですが、みてもらうだけでも有料なのか、どのくらい時間がかかるのか、細かいことが質問できません。

もう一軒、apple専門の修理屋さんではないけど、appleも扱うよという店にいくと、やはり「本体を見せてみろ」と。ただし、こちらは保証なんてありませんから、勇気が必要でしょう。私の印象では、今回は直してもらえそうだと直感しました。達人の貫禄がありました。

どうも、プロたちはThunderboltケーブルは必要なくて、小さなパーツを介してアクセスできるようです。MBAの年式がわからないと、パーツが選べないようでした。

次の日、本体を持って出直しました。

しかし、数時間後には電話がきました。主人に話してもらったところ、「ハードが壊れている。しかしパーツが手に入らない。ヴィンテージだ。」ということでした。直らなかったんです。

問題はソフトかハードか

自分で「ハードウエアテスト」をかけてみると、「問題なし」と出ます。

ケーブルもアダプタも手に入らないし、パーツ(おそらくHDDそのもの)も正規代理店なのに手に入らない。

ソフトの問題なら、ケーブルとアダプタがあれば解決できそうだし、ハードの問題であっても、新しいHDDが手にはいれば自分で交換できそう。

どちらにしても、日本では手に入るけどインドでは高額になってしまいそうな気がします。


スポンサーリンク




MacBookAir(11インチ)、電池が不調

MacBookAir
MacBookAir

Macが不調だと、へこみます。そりゃもう、がっくり来ます。

もう、5年ほど使用している、macbookair、11-inch, Mid 2011。とても気に入っているのですが、最近電池の減りがおかしいです。スリープさせていても、再度開けてみると電池残量がゼロ。

たまにゼロにしてメンテナンスしてるわけじゃありません。

しょっちゅう、ゼロ。

あわててバックアップをとりました。バックアップは定期的にしておかないといけませんね。私のmacbookairには、WordPressのテーマをデザインしてみようとしていたときの仮想環境が残っています。なぜかこの仮想環境をつくってから、タイムマシンがうまく動きません。なので、バックアップは手動です。

新しいOSを入れたときや、新しいMacを購入したときも、移行はほぼ手動です。


スポンサーリンク