レゴを飾るために壁に棚を設置

壁に飾り棚を設置してもらいました。

飾り棚にレゴのロボット

この棚は、インドのホームセンター(という店の名前)で購入。横の長さの違う3種類の棚が同梱されており、同じ長さのものが欲しかったので、3本セットのものを2つ購入しました。

まず壁の構造を問い合わせる

ここ部屋の壁は漆喰が厚くなっており、その奥はコンクリートです。引っ越しした日に、不動産業者と工事している業者に確認してありました。また、重量のある姿見をかけてもらっているので、同じ工法なら技術的には設置可能です。

飾り棚の設置方法も確認

漆喰部分にネジ穴を作るために、ドリルで2~3mmの穴を開けてプラスチックの部品を埋め込みます。その購入した商品が部屋の壁に設置できるか、店頭でよく確認しました。まず、商品の棚を購入し、その箱を工事業者に見せました。

【注意:電動ドリルを使います。現状復帰できる工事なのか確認し、さらに壁に穴を開けてもいいかどうか、不動産業者に許可が必要でした。】

業者に委託

ドリルがあれば自分で設置できるかもですが、責任が取れません。不動産屋さんに業者を呼んでもらいました。

棚が水平に設置されるためには、微調整が必要でした。

ネジ穴を作って、棚板をはめて行くのですが、壁との間に隙間ができて板が水平にならない部分ができます。なので、強力な両面テープを部分的に使って、調整してもらいました。

満足です!

レゴは、ポツンと一つ二つくらいをおく方が可愛いかもしれません。棚の高さの違いを生かして、高さのある作品も飾ってあげたい。。。

 

 

金魚好きに!金魚8種の手ぬぐい

染めの安坊、マーク誕生日に、手ぬぐいをいただきました。私は金魚好きなので、まさに好みど真ん中です。普段、持ち歩いているのはハンカチでなく手ぬぐい。「今年は新しいのが欲しいなあ」と思っていたところです。

8種類の金魚の手ぬぐい、江戸金魚づくし

8種類の金魚の手ぬぐい

写真の手ぬぐいの金魚は、背びれがありません。赤・白・黒、三色のキャリコのらんちゅうで江戸錦ですね。

全部で8種類の金魚が描かれています。キャリコらんちゅうの他は、桜オランダ、更紗らんちゅう、琉金キャリコ、水泡眼、丹頂、土佐錦(かな?)、頂天眼。

琉金、出目金がシンプルな紺白で

琉金出目金 安坊紺、手ぬぐい

琉金と出目金が泳いでいます。手ぬぐいは、やはりこの紺色が使いやすいです。ヘビロテ必至の一枚かな、と思います。

琉金は東京が有名。私は以前、「金魚の吉田」さんという有名店に琉金を見に行ったことがあります。大きな琉金が綺麗でした。

手ぬぐい、3種

今まで使ってきた10年ものの手ぬぐいは、新しい手ぬぐいと比べると、はっきりとわかるほど柔らかいです。この素敵な柄の手ぬぐいなら、きっと10年は飽きずに使って柔らかくなってくれると思います。


スポンサーリンク




今年の父の日は、シャツをオーダーしに行った

花菱

なかなか、欲しいものを教えてくれない主人でしたが、やっと聞き出せました。

父の日も午後になって、「そういえばシャツが欲しいんだよね。」と言い出しました。よく見てみると、着ているシャツも、もうくたびれていて。

車だったので、そのまま自由が丘まで足を伸ばし、花菱というオーダースーツのお店に行きました。

オーダーシャツは、素敵なんですけども、注文した日には出来上がりませんから、数週間ほど待つことになります。父の日にシャツを渡そうと思っても、事前に採寸するのでサプライズにはなりません。

しかし3枚で18000円は、父の日のプレゼントとして、ちょうどいい価格帯でしたし、仕事で使うものをプレゼントできて、良かったと思います。

父の日に、一緒にシャツの生地やボタンを選んだりするのは楽しかったです。うまく注文できた気がしますので、きっと素敵なシャツができてくると思っています。早く見たい!