今年の父の日は、シャツをオーダーしに行った

花菱

なかなか、欲しいものを教えてくれない主人でしたが、やっと聞き出せました。

父の日も午後になって、「そういえばシャツが欲しいんだよね。」と言い出しました。よく見てみると、着ているシャツも、もうくたびれていて。

車だったので、そのまま自由が丘まで足を伸ばし、花菱というオーダースーツのお店に行きました。

オーダーシャツは、素敵なんですけども、注文した日には出来上がりませんから、数週間ほど待つことになります。父の日にシャツを渡そうと思っても、事前に採寸するのでサプライズにはなりません。

しかし3枚で18000円は、父の日のプレゼントとして、ちょうどいい価格帯でしたし、仕事で使うものをプレゼントできて、良かったと思います。

父の日に、一緒にシャツの生地やボタンを選んだりするのは楽しかったです。うまく注文できた気がしますので、きっと素敵なシャツができてくると思っています。早く見たい!

電子ドラム[YAMAHA]DD-75からスマホの音を出す

息子に買ったはずの電子ドラムDD-75。音出しもできるというので(息子が学校に行っている間にこっそりと)スマホを繋げてみました。

dd-75、スマホに繋げた

用意するもの

  • スマホ(Zenfone Go)
  • ケーブル
  • dd-75

スマホはZenfone。家のwi-fiに接続して、コンセントから電源をとっています。ケーブルは「ミニプラグ↔︎ミニプラグ」。両端がイヤホンにさす端子になっているものです。

接続はケーブルを挿すだけ

dd-75斜め後ろ

端子の片方をスマホに挿し、もう片方をDD-75に挿すだけです。

スマホ側は、イヤホンを挿すところです。DD-75の背面を見ると、端子口が並んでいますので、右から2番目に挿します。一番右は電源。

dd-75背面の端子

「AUX IN」です。エーユーエックス端子で入力するところ、という意味だそうです。auxiliary(予備、補助の意)から来ている言葉で、外部機器を接続して音声を入力するのが、この端子。

dd-75、AUX IN

パソコンやタブレットからも簡単に音が出せる〜!

DD-75にある音量ボタンで全体の音量は調節できます。スマホの音楽を小さくして、ドラムの音を大きくしたいときなどは、直接スマホの音量を上下させました。

ドラムできないけど、楽しいかも。息子が練習しないときは借りちゃおうかな。

DD-75に電源を入れて、スマホでYouTubeを再生。これなら、初心者がドラム練習するための動画を見ながら、息子が練習できるかも。


スポンサーリンク




電子ドラム[YAMAHA]DD-75

dd-75、ヤマハ

どうやって練習すればいいんだ?これ。。。

DD-75を選んだ理由

学校の音楽で楽器を選択するそうで、息子はドラムを選択しました。さすがにでかでかとしたドラムセットは、インドではおく場所があるけど、日本に戻るときには持って帰れません。

色々考えた結果、日本製の電子ドラムで、コンパクトなもので、組み立てが必要なく、Macからの音出しもできるものを探しました。

不満なところ

息子が言うには、「叩く位置がだいぶ違う。叩きにくい!」と。まあ、そうですよ。授業で使う、学校に置いてあるドラムとは大きさも角度も位置も違うわよ。

もしかしたら、インドにいる3年間は、電子ドラムでもちょっと大きなセットを組んで置いて、日本に本帰国するタイミングで、この小さな電子ドラムに変更すれば良かったかも。

満足しているところ

箱から出してみると、本当にコンパクトに収まっていて、腕に抱えて運ぶことができます。軽くて、組み立ても必要ないので、出してすぐに遊べました。

パソコンやスマホに入っている音楽をこのドラムから音出しもできます。好きな音楽に合わせて、このドラムを叩くこともできます。

電池でも動きますから、ドラムなのに、どんどん持ち歩いて外で楽しむことができます。小さな机に置いても大丈夫そうだし、専用の台も今のところ使っていません。

やってみたいこと

Macに接続するのもコード一本。なんとかMacにドラム演奏を録音して、動画の音声として使えたらいいなあ。息子と一緒にYouTubeに動画をアップしたいです。


スポンサーリンク