積み木でクリスマスツリー【2018】

積み木ツリー2018

今年(2018)の積み木のツリー。幹の細い部分を作るなら、左右の重さやバランスが難しくなります。いいカタチだなあ、と感心しました。

この木の積み木も、だいぶ登場しなくなりました。子供ももう三年生と五年生ですから。

それでも、

「今日は、プレステもDSもなしのノーゲームにしようね。」

と決めると、真っ先に出してくるのは、この積み木と、レゴ、仮面ライダーのフィギュアです。

箱の中にフィギュア

積み木の入れ物は、ただの箱じゃないんです。構成要素の一つとして重要な働きをします。この箱がこんなに素敵でなかったら、積み木の遊び方も単調だったろうと思います。

箱、重要ですよね。

箱の中にフィギュア2

フィギュアが働いてる。。。

積み木のツリー2018


スポンサーリンク




[クリスマス準備]レゴでアルファベット「Christmas」2017

lego,christmas-2

クリスマスの飾りをレゴで簡単に作りました。「m」は、くっついていないので3つのパーツに別れちゃいます。

lego,christmas-3

横に並べると、長いです。昨年は「NOEL」とか短い言葉も作りました。

lego,christmas-4

文字の上に雪が積もった感じ。背景が白いと見えにくいので注意。

lego,christmas-5

小さなツリーと一緒に飾っています。


スポンサーリンク




IKEAのお菓子の家(ジンジャーブレッドハウス)今年のデザイン|2016年

クリスマスのお菓子の家は、クリスマスが過ぎてもしばらく飾っておくらしいのですが、わが家では、すぐに食べられて消えてしまうので、写真にデザインを残しておきます。

2016IKEAお菓子の家、デザイン

来年はきっと、子供たちが「好きに作らせてくれ」と主張すると思うので、私の自由がきいたのは今年までかもしれません。。。

お菓子の家、側面

側面は飾る壁面が広いです。アイシングでS字の模様をつけたのはパパです。えらい!

靴下をポイントに飾っています。

お菓子の家、上から

お菓子の家を上から見たところ。フライングタイガーで購入した小さめのトレイが、ちょうどいい大きさなのがわかります。雪のつもりでラムネを転がしています。

お菓子の家、サンタの位置

サンタさんは屋根の上や煙突の上だろうと思っていたのですが、今年は玄関前です。これはこれで、かわいくできました。

アイシングさえ適度な固さでつくれたら、あっという間に組みあがります。家族で協力して壁をおさえたり、お菓子を飾ったり、今年も盛り上がりました。

飾りのために用意したお菓子も、うまく使い切りました。

手のこんだお菓子の家ではありませんが、来年も楽しく作れればいいなあ、と思います。

2016IKEAお菓子の家、デザイン

スポンサーリンク