[2015年]お菓子の家(ジンジャーブレッドハウス)をつくった

お菓子の家、出来上がり1PEPPARKAKA HUS
ジンジャーブレッド ハウス
商品番号:902.187.83

昨年も作ったお菓子の家です。今年もつくりました。作り方は昨年同様です。昨年の反省点は、アイシングがゆるいとお固まるのに時間がかかるので、今年は(アイシングの袋の指示どおりに)すべての粉を入れました。1〜2分ですぐに固定され、手をはなしても大丈夫でしたので、非常にラクでした。昨年にくらべ時間もかかりませんでした。作り方は昨年の記事もあわせて見て下さい。

使った道具(昨年の写真を一部流用してます)

ほかに、どんぶり、スプーン、泡立て器、はさみ、40度のお湯が入ったボウル。

卵白をまぜる器は、写真のものでは小さかったので、今年はうどん用のどんぶりを使いました。お味噌汁のお椀でも小さかったです。アイシングをつくるためにかきまぜるのはスプーンと小さい泡立て器を使いました。アイシングをしぼるビニールの口をはさみで切ります。チョコペンを40度のお湯であたためて、口を切る時もはさみです。チョコペンは、はさみで切るものと、手でちぎれるように切り口がつくられたものがあります。また、トレイがあったほうがいいです。大きいトレイは作業しやすいのですが、ディスプレイする場所によっては、もう少し小さい方が置きやすいと思います。

お菓子の家2

今年(2015年)、プラスしてつけたもの

昨年は銀色のアラザンを多用しましたが、つけるのが大変でした。たまたま冷蔵庫にあったチョコレートを使いました。いくつか食べてしまったので、ちょっと量が少なかったです。m&mです。

飾り、エムアンドエム
飾り、m&m

今年(2015年)のサンタはトナカイと一緒です。少しでもボリュームがあるほうが良かったので。

飾り、サンタとトナカイ
飾り、サンタとトナカイ

クリスマスツリーは昨年と同じもの。小さなきのこは、昨年は購入せずにいたものです。「買っとけば良かった」と反省していたのを思い出し、2袋買いました。5個セットで2袋。

クリスマスツリーときのこは煙突に
クリスマスツリーときのこは煙突に
飾り、きのこ
飾り、きのこ

チョコペンは使うべきか

昨年は使わずにいたチョコペン。今年(2015年)はどうしようか迷いました。チョコペンを使わなくても、ここまでで、じゅうぶん可愛くなったからです。チョコペンで失敗するとホラーハウスのようになるか心配でした。

そこで、チョコペンを使う前に写真を撮っておき、使ったあとと比較することにしました。

チョコペン使用前、お菓子の家
チョコペン使用前、お菓子の家。

チョコペンは、使うまえに子供に食べられないよう死守する

チョコペンは3色用意していました。ピンク、白、茶色です。白はアイシングがあるので必要なかったかもしれません。チョコペンはあっというまに無くなりました。子供はもう少し使いたがったので、もう数本あっても良かったかもしれません。油断すると、食べられてしまいますので、注意しましょう。

チョコペンの使い方

ボウルに40度のお湯を入れて、チョコペンを浮かべてあたためます。やわらかくなったら(すぐにやわらかくなった)、口を切ります。手でちぎるより、はさみで切った方がきれいに出てきました。子供にはしぼりながら書くというのは難しいようです。たとえばドアのまわりを飾るときなど、家の下の方はかきづらいので、チョコペンの中身がたくさんはいっているうちに描くといいと思います。

お菓子の家、側面1

やはり、ホラーハウス!

お菓子の家、側面1

側面は顔みたいです。チョコレートを2つにして、メガネをかけても良かったかも。白いひげをつけたら、サンタクロースになったでしょうか。

お菓子の家3
後ろからみたところ。

チョコペンを使ったあとの完成形

お菓子の家4
完成!チョコペンを使ったあと
チョコペン使用前、お菓子の家
チョコペン使用前、お菓子の家

やっぱりチョコペンを使ったほうが、良かったようです。子供たちは、もう「食べたい」と言ってねらっていましたので、年越しはできないかもしれません。

アイシングさえできれば簡単につくれます。アイシングも、ただかきまぜるだけです。

なにかの事故でお菓子の家が倒れてしまうことも考え、余ったアイシングはしばらくとっておきました。トレイごと、飾る場所を決めて移動してから、捨てました。

アイシングには酢を入れる?

ジンジャーブレッドハウス本体の箱には、アイシングを作る際に「酢」を少量入れると書いてありました。しかし、アイシングの粉がはいった袋(別売り)には、粉に混ぜるのは卵白しか書かれていません。今回は卵白のみで作りました。

 

スポンサーリンク




IKEAのお菓子の家(ジンジャーブレッドハウス)をつくった

CIMG0231PEPPARKAKA HUS
ジンジャーブレッド ハウス
商品番号:902.187.83

昨年は、IKEAで同じセットを購入しながらも、結局つくることなく1年保管してしまいました。もちろん賞味期限はすぎています。今年こそはという固い決意のもと購入しましたが、数日そのまま。子供から「今日こそはお菓子の家をつくろう!」と再三の要求があったため、重い腰をあげてとりかかりました。そして家族みんなで楽しめました。また作りたいです。来年まで、作り方や準備を忘れてしまいそうなので、自分のためにメモしておきます。

材料と道具を確認

ジンジャーブレッドハウス
ジンジャーブレッドハウス
アラザン
アラザン
ツリー
ツリー
サンタ
サンタ
使わなかったチョコペン
使わなかったチョコペン
アイシング用の粉
アイシング用の粉
付属のしぼり袋
付属のしぼり袋
卵白
卵白
トレイ
トレイ

CIMG0209

アイシングをつくる

組み立てにはアイシングが必要。自分でも作れるらしいですが、アイシング用のミックスされた粉はIKEAで売っています。忘れずに購入。卵白(1個)も使います。

1)卵を割り、卵白のみ器にとる。
2)粉を数回に分けて混ぜる。
3)接着面にアイシングをのせ、生乾きまで待ってからつける。

卵白をいれた器が小さすぎて、かきまぜにくかったです。卵白だけでなく粉もたくさん入れるので、もう少し大きくないといけなかったです(あとから考えると、器の小ささに気づいた時点で、他の大きなボウルに入れ替えても良かったかもしれません)。スプーンで混ぜましたが、問題ありませんでした。簡単にとろとろになります。
昨年購入したものが使わずに残っていたため、しぼり袋が二つありました。せっかくなのでアイシングは2つ用意しました。ゆるいものと、かためのものです。ゆるめのアイシングから使いましたが、出しやすいのですが、たれてきてしまったり、固まるのに時間がかかったりしました。すぐかためのアイシングにきりかえました。アイシングで固定されるまで数分間は手で押さえました。手で押さえてくれたのはパパです。かためのアイシングはすぐに固定感がありました。それでも完全に乾くのは時間がまだかかるようです。

CIMG0227

組み立てるCIMG0229

出来上がったものを移動させることを考えて、トレイの上に直接建てます。
窓やドアがついている側面から組みます。側面は、あたまのとがった五角形2枚と横に長い長方形2枚です。説明書には詳しく書かれていないのですが、屋根がのりやすそうだったので、五角形2枚の間に長方形を挟むかたちで組みました。屋根を載せます。CIMG0228煙突は先に組み立てておきます。煙突が固定するまで数分でした。煙突の切れこみに屋根を合わせてみると、あまりフィットしませんが、あいた隙間は気にせずにアイシングたっぷりでくっつけます。壁がくっついて立ってはいますが、完全に乾くの時間がかかるようです。10時間後に確認したところ、かっちかちでした。

飾るCIMG0232

飾りをつけます。アイシングでツリーとサンタさんをつけます。アイシングつけすぎて、たれてしまってますが、もっと思い切ってたらしたほうが、お菓子の家っぽいかもしれませんし、降り積もった雪の気分も出たかも。チカラ尽きて、飾ってない窓枠とかもあります。
アイシングがたれてくると、夢のあるお菓子の家というよりホラーハウスです。
「そこ押さえて!」CIMG0233
「たれる!たれる〜!」
シンプルにアラザンで、と思いましたが無理です。もっとメレンゲの人形のようなものに頼れば良かったです。買い忘れがあったときなど、最近は製菓材料をネットで注文できるので便利ですね。
初めて作りましたが、思いのほかエキサイティングで、楽しかったです。子供たちも喜んでいました。嬉しいです。来年はもっと上手くできるのではないでしょうか。

お菓子、パン作りなら【TOMIZ(富澤商店)オンラインショップ】

スポンサーリンク