IKEAのお菓子の家(ジンジャーブレッドハウス)をつくった

CIMG0231PEPPARKAKA HUS
ジンジャーブレッド ハウス
商品番号:902.187.83

昨年は、IKEAで同じセットを購入しながらも、結局つくることなく1年保管してしまいました。もちろん賞味期限はすぎています。今年こそはという固い決意のもと購入しましたが、数日そのまま。子供から「今日こそはお菓子の家をつくろう!」と再三の要求があったため、重い腰をあげてとりかかりました。そして家族みんなで楽しめました。また作りたいです。来年まで、作り方や準備を忘れてしまいそうなので、自分のためにメモしておきます。

材料と道具を確認

ジンジャーブレッドハウス
ジンジャーブレッドハウス
アラザン
アラザン
ツリー
ツリー
サンタ
サンタ
使わなかったチョコペン
使わなかったチョコペン
アイシング用の粉
アイシング用の粉
付属のしぼり袋
付属のしぼり袋
卵白
卵白
トレイ
トレイ

CIMG0209

アイシングをつくる

組み立てにはアイシングが必要。自分でも作れるらしいですが、アイシング用のミックスされた粉はIKEAで売っています。忘れずに購入。卵白(1個)も使います。

1)卵を割り、卵白のみ器にとる。
2)粉を数回に分けて混ぜる。
3)接着面にアイシングをのせ、生乾きまで待ってからつける。

卵白をいれた器が小さすぎて、かきまぜにくかったです。卵白だけでなく粉もたくさん入れるので、もう少し大きくないといけなかったです(あとから考えると、器の小ささに気づいた時点で、他の大きなボウルに入れ替えても良かったかもしれません)。スプーンで混ぜましたが、問題ありませんでした。簡単にとろとろになります。
昨年購入したものが使わずに残っていたため、しぼり袋が二つありました。せっかくなのでアイシングは2つ用意しました。ゆるいものと、かためのものです。ゆるめのアイシングから使いましたが、出しやすいのですが、たれてきてしまったり、固まるのに時間がかかったりしました。すぐかためのアイシングにきりかえました。アイシングで固定されるまで数分間は手で押さえました。手で押さえてくれたのはパパです。かためのアイシングはすぐに固定感がありました。それでも完全に乾くのは時間がまだかかるようです。

CIMG0227

組み立てるCIMG0229

出来上がったものを移動させることを考えて、トレイの上に直接建てます。
窓やドアがついている側面から組みます。側面は、あたまのとがった五角形2枚と横に長い長方形2枚です。説明書には詳しく書かれていないのですが、屋根がのりやすそうだったので、五角形2枚の間に長方形を挟むかたちで組みました。屋根を載せます。CIMG0228煙突は先に組み立てておきます。煙突が固定するまで数分でした。煙突の切れこみに屋根を合わせてみると、あまりフィットしませんが、あいた隙間は気にせずにアイシングたっぷりでくっつけます。壁がくっついて立ってはいますが、完全に乾くの時間がかかるようです。10時間後に確認したところ、かっちかちでした。

飾るCIMG0232

飾りをつけます。アイシングでツリーとサンタさんをつけます。アイシングつけすぎて、たれてしまってますが、もっと思い切ってたらしたほうが、お菓子の家っぽいかもしれませんし、降り積もった雪の気分も出たかも。チカラ尽きて、飾ってない窓枠とかもあります。
アイシングがたれてくると、夢のあるお菓子の家というよりホラーハウスです。
「そこ押さえて!」CIMG0233
「たれる!たれる〜!」
シンプルにアラザンで、と思いましたが無理です。もっとメレンゲの人形のようなものに頼れば良かったです。買い忘れがあったときなど、最近は製菓材料をネットで注文できるので便利ですね。
初めて作りましたが、思いのほかエキサイティングで、楽しかったです。子供たちも喜んでいました。嬉しいです。来年はもっと上手くできるのではないでしょうか。

お菓子、パン作りなら【TOMIZ(富澤商店)オンラインショップ】

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です