ティラノサウルス、アンキロサウルス

ティラノとアンキロサウルス

ティラノサウルスとアンキロサウルスです。

レゴ簡単恐竜

基本ブロックだけで作る単純なレゴ作品は、なんとも言えない魅力があります。次に組み直すと、シルエットが同じようでも、色がちがっていたり、使うブロックの構成も変わっていて、面白いなあと思います。

ティラノサウルス レックス

 

ティラノ、斜め上から

ティラノは前肢が小さいんですよね。前傾姿勢でも自立できるように調整してました。

アンキロサウルス

アンキロサウルス、斜め上から

手前が尻尾です。アンキロサウルスは、尻尾の先が丸く硬く発達しており、尾を振り回して武器にしていました。

プレステも遊ぶけど、まだまだレゴで遊びます

ティラノ、アンキロサウルス

プレステやパソコンのゲームを否定するわけではないのですが、レゴで遊んでいる様子を見ると、やっぱりちょっとホッとします。一方で、子供向けのプログラミングをしていたりすると、それも必要なことだろうなあと思います。


スポンサーリンク




カブトムシとクワガタ

レゴ、カブトムシ、クワガタ

プレステでMinecraftを遊びます。とても楽しいのですが、ゲームばかりだと、それはそれで心配です。そう思っていると、いつのまにかレゴでカブトムシとクワガタを作っていました。

レゴ、カブトムシ、赤

タイムボカン世代の私は、カブトムシの方を青にして欲しかった。。。

腹側はこんな感じです。簡単ですので、小さなお子さんでも作れます。

他に蝶も作ってました。アゲハだと言っていました。

なんだかちょっと嬉しいので、このカブトムシたちは、しばらく飾っておきます。


スポンサーリンク




簡単!メタリックなポンポンを作ってみた【所要時間:30分】

ポンポン、赤メタリック

運動会の応援でポンポンを使うから用意してくれと先生に言われ、作ってみました。当日だけでなく、練習でも使っています。買ってもいいのですが、簡単でしたのでぜひ作ってみてください。チア・リーダーみたいに元気に応援してほしい。

机の上のポンポン、緑、ピンク

テープより、自由度の高い紙を使った

試作品として、家にあったピンクのカラーテープで大きさを確認。でも色や質感がイメージに合わない。時間と予算があるなら、イメージに合うテープを探してもいいけど、今回は近所の文房具屋にあったお安いラッピングペーパーで作ります。メタルテープなしです。

幅は35ミリ

 

手に持った時に大きすぎず、遠くから見たらキラキラ輝くとかわいいかな。フサフサした部分も、一本の幅がある程度の面積がないと、光を強く反射しません。ラッピングペーパーですから好きな幅にすることができます。

持ち手をつけた

ポンポン、持ち手

ボール紙で持ち手をつけ、さらに輪ゴムをつけました。大きめの輪ゴムなら、子供の腕に通すことができます。応援の途中で、ちょっと水筒から水を飲む時にも便利。持ち手とゴムつきで作ります。

用意するもの(左右ふたつぶん)

ポンポン、使用素材

  • ラッピングペーパー(50×70cm、5枚)
  • 輪ゴム(大きめ)
  • ボール紙(3.5cm幅)

ラッピングペーパーはメタルカラーで裏表の色が違うもの。輪ゴムは腕に通してもきつくない大きさのもの。ボール紙は持ちやすいもの。新聞紙を重ねてガムテープで巻いてもいいかも。

ポンポン、使用道具

      • ハサミ
      • カッター
      • 定規
      • ガムテープ
      • (あればマスキングテープ)
      • カッターマット

    ポンポン、赤メタリック2個

    作った手順

    ラッピングペーパーを切る

    ラッピングペーパーを5枚まとめて半分に切る。

    ラッピングペーパーを分ける

    左右ふたつぶん。片方は50×35cmで5枚重なってます。

    ラッピングペーパー、半分に折る

    半分に折ります。細長くなります。

    短冊に切る

    好きな幅に作ります。今回は3.5cmの幅です。「わ」になっている部分は切らずに1cmほど残します。
    短冊に切る、紙の幅

    持ち手のボール紙の幅と同じ3.5cm。ボール紙を使って幅を測ります。おお簡単。

    切ったところ

    切れました。幅が太い方が切るのはラクですね。あっという間。

    開く

    最後は3.5cmになりませんが、適当に。折ってあったのを開きます。

    はじをテープでとめる

    折り目を軽くテープで止めておきます。

    じゃばらに折る

    テープを切った幅に合わせて、じゃばらに折ってたたみます。

    蛇腹に折った

    折れました。

    折り目

    切れ目にばらつきがありますが、大丈夫です。

    テープでまとめる

    中央を軽くテープでまとめます。

    テープでまとめたようす

    マスキングテープを使っていますが、なければガムテープを細く切っても。

    持ち手に固定する

    ボール紙に挟み込んで行きます。ボール紙の真ん中あたりにテープで固定。

    持ち手に固定する2

    適当で大丈夫ですが、ボール紙のちょうど中央に来るように、2〜3本のテープで固定しました。

    持ち手に固定する3

    十字型になっています。

    輪ゴムをはさむ

    輪ゴムを通します。

    輪ゴムをはさむようす

    テープで固定してもいいでしょう。

    ボール紙を二つに折る

    ラッピングペーパーの束も一緒に折ります。ボール紙の持ち手をふたつ折りにしてガムテープを巻きます。

    テープで固定

    持ち手は、手が痛くないように角を落とします。

    ボール紙の角を落とす

    ここも適当です。

    たんざくに切った帯を持ち上げる

    ポンポンの束を広げていきます。ラッピングペーパーが5枚重なっているので、1枚づつ丁寧に開き、根元をねじります。無理に引っ張るとちぎれてしまうので、ほどほどに。

    左右に振り分けて、ひらく

     

    右にひねって、左にひねって、と繰り返します。これも適当。球体になるように、バランスをみていきます。ただ開くだけですが、ここは時間がかかります。

  • ポンポン完成

完成。

ポンポン、赤メタリック

ポンポンは、持ち手が長い「ホウキ型」や、糸のような細いもので作った「カツラ状」などがあります。素材感が重要ですので、良い素材で簡単に作りましょう。

ポンポン、赤メタリック2個

 

diy pom poms


スポンサーリンク