ラッシュ、FUNのレインボーは4通りに使える

ラッシュ、レインボー買って良かったもの

イギリス、ウォータールー駅のlush

イギリスのウォータールー駅にはLUSHがありました。改札の外です。

片言の英語と日本語でスタッフに話しかけ、自分のためのお土産ばかりを選んでいると、子どもが強硬に「俺の分も買え」と主張。

ラッシュ、FUNは4通りの使い方で楽しめる

ラッシュ、レインボー

FUNソープ、レインボーです。日本では単色で購入したことがあります。赤や青、緑など「洗隊レンジャー」として数本購入しました。とても楽しかったのでしょう、よくおぼえていたなと思います。単色よりも断然楽しかろうレインボーは、日本でも買えるようです。

ラッシュ、レインボー、うらがき

このFUNシリーズは使い勝手がよくて、この量なら子どもふたりで4日以上楽しめます。

  1. 粘土あそびができる
  2. シャンプーとして頭が洗える
  3. 体も洗える
  4. バブルバーとして湯船に泡がたてられる

粘土あそびをして、その作品を持ってお風呂にいきます。湯船でも遊べますが、お湯がかかると溶け出します。お風呂になかなか入らない子どもも、ウキウキしながらお風呂に入ってくれるので、たいへん助かりました。

粘土あそびするなら単色よりもレインボーがだんぜん楽しいですよ。私はピンクと赤をブレンドしてマーブル模様を残しながらバラの花をつくりました。緑で葉っぱをつくればそれっぽく見えます。

シャンプーやボディソープとしても使えます。子どもは普段も頭から石鹸で洗っているくらいなので、まったく問題なし。恐竜や動物を作ったら、手に持ったままお風呂に入り、その恐竜や動物で体を洗ったりシャンプーしたりして消費できます。

ラッシュの製品でバブルバーも好きです。泡がよくたって、子どもも喜びます。このFUNレインボーはバブルバーとしても使えます。浴槽にどぼんと入れて溶かし、洗面器でお湯をすくい、高い位置からどぼどぼっと勢い良く浴槽に落とします。そうすると泡が出てきます。これは、全体の4分の1から3分の1くらいを必要とするかと思います。浴槽が大きいなら、最初は水位を下げて泡を立てて楽しむといいと思います。

または、浴槽に細かくほぐしてからお湯をはると、泡がたちます。注意したいのは、溶けのこると浴槽の底がぬるっとします。足をすべらせないように、よく撹拌して溶かします。また、追い炊きしない国の商品なので、わが家では追い炊きできないものだと思っています。