夏休みに育てる鉢植え、ミニトマトとオクラ

ミニトマト8/1朝顔の観察

夏休みには、子どもが小学校から持ち帰る鉢植えがあります。観察記録をつけるためというよりも、鉢植えを育てて情操教育につなげるのではないかと思っています。想像ですけど。

ミニトマト8/1

小学2年生は、ミニトマトの鉢植えを育てています。育てるといっても、トマトは過酷な環境で育つ植物ですから、ほんのちょっと水を与えるだけでいいと思っていました。葉がしおれてきて、なおかつ土がかわいていたら水をあげようと思っていたところ、毎朝、水をあげることになっています。

ミニトマト8/1-2

真っ赤になったミニトマトは、自然に落ちているみたい。つやつやして、とてもキレイです。トマトが赤く色づくのを、子どもが楽しみにしています。「もう収穫してもイイ?」と毎日たずねてきます(わからないけど!)。でもミニトマトが嫌いな息子は食べないそうです。ごめんねー。

ミニトマト8/1-3

見上げる高さにも実が。ミニトマトの鉢は、ベランダに置いてあり、2m以上の高さです。風で倒れないように、ベランダの柵や柱を支えにしています。

オクラ8/1

小学4年生はオクラ。たしか、オクラ。

オクラ8/1-2

新しくついた若い葉の産毛がかわいいです。


スポンサーリンク




タイトルとURLをコピーしました