スマホ初心者が、SIMフリー端末に格安SIMを差してみた[NifMo]

Zenfone Goを購入

格安SIMを契約してすぐに、端末本体とカードが送られてきました。SIMカードは自分で入れなければなりません。ドキドキです。

  • NifMoのスマホセット、データ専用SIMを契約
  • SIMフリー端末の機種は、ZenFone Go

アドレス帳をコピーしたmicroSDカードを用意しておく

現在も使用中のガラケーからメールのアドレス帳をmicroSDカードにコピーしておき、新しいスマホにSIMを差すときに一緒にセットしてしました。SIMを差すために、裏蓋を開けなければなりません。しかし、あまり丈夫そうなつくりに思えないので、開け閉めする回数は少なくしようと決めたからです。アドレス帳(連絡先)のデータはSDカード以外にも移行できるので、microSDがカラでもかまわなかったと思います。

裏蓋を開ける固いもので開けないで側面に溝があります。ドライバーを差し込んで裏蓋を開けたくなりますが、こうした道具は使っちゃいけないそうです。手で開けるツメをひっかけて開けました。大変でした。「チカラまかせで、いいの?」と不安になりましたが、開きました。裏蓋が開いた

SIMとmicroSDカードをセットするスマホの裏蓋をあけたZenFone Goには、SIMカードが2枚とmicroSDカードを差す事ができます。microSDをまちがってSIMカードのスロットに入れたら、うっかり入ってしまいそうで恐いです。

SIMカード
SIMカード

名刺大のプラスチックのカードの左はしに、SIMカードが。素手でパッキンと切り出すのですが、私はカッターで切れ目をいれてから、切りはなしました。カッターの刃でカードを傷つけてもいけないので、手でちぎれればそのほうが安全です。

SIMカードをいれるスロットmicroSDカードスロットと反対にある、右側のスロットにSIMカードをセットしました。SIMとmicroSDをセットしたmicroSDカードもスロットにおさめました。差し込むだけです。フタを開ける、スロットにカードをセットする、フタを閉める。これだけです。あとはフタを閉める

充電するUSBケーブルをさすUSBケーブルをさし、ACアダプターにつなげコンセントから充電します。USBケーブルをMacのUSBにさしても充電できるようです。よく見ると、本体とケーブルの持ち手に1mmほどの隙間があります。もっと押し込みたくなりますが、これが限界のようですし、ちゃんと充電できます。隙間があるように見える


スポンサーリンク




NifMo(ニフモ)のスマホセットが届いた。ZenFone Go

ニフモ、スマホセットとどいたニフモのスマホセットに申し込んでから、翌々日に届きました。ガラケーでねばっていましたが、はじめてスマホを持つ事になりました。

私は20年以上のMacユーザーですが、iPhoneでなくてもいいのです。

届いたNifMoスマホセット、開封した

スマホセット、開ける
スマホセット、開ける
スマホセット、開ける3
きれいに緩衝剤が入ってる

緩衝剤にきれいにおさまってました。スマホの箱とSIMカード、簡単な取り扱い説明書がはいっています。これだけ。

SIMカード
SIMカード
スマホの箱を開けた
スマホの箱を開けた、Zen fone Go

簡単なトリセツは、ホントにシンプルでA3を2枚、二つ折りして入っています。

  • ニフモのトリセツ
  • microSIMカード
  • ZenFone Go本体
  • ZenFoneの説明書
  • シール
  • microUSBケーブルとACアダプタ
  • イヤフォン

ニフモのトリセツの内容について

ASUS ZenFone GoにmicroSIMを入れ、電源を入れるところから説明が始まり、APNの選択、Googleアカウントの設定、連絡先のインポート、NifMoのアプリの説明(ニフティアカウントの設定)、NifMoバリュープログラムの説明、メールやネット接続のトラブルシューティングらしき「よくあるお問い合わせ」などが記載されていました。

私のように、はじめてスマホを使うけれども、パソコンやインターネットは普段から使っているという人には、このトリセツは非常にわかりやすいものです。詳しいことはネットで調べたり、サポートに問い合わせたりして勉強していくので、これで十分な内容です。

ニフモのスマホセットのトリセツ
ニフモのスマホセットのトリセツ

スポンサーリンク




格安SIMではじめるスマホ、NifMo(ニフモ)に決めた理由

ガラケーでなんら不自由は無かったのですが、スマホデビューすることになりました。格安SIMでNifMoです。いまのガラケーは生かしておき、2台持ちにします。また月3ギガの通信を見込んでいます。外出時にはMacBookAirを使っています。

もし楽天のクレジットカードを持っていたら楽天モバイルにしたと思います。また、光回線や電気会社とセットにするなら、割引のメリットがあるので、セットでの割引率からビックSIMも良かったです。しかし、光回線は乗り換えたばかり。月額の金額の安さからニフモにしました。

検討した内容は次の5点。

  • キャッシュバックの有無
  • キャンペーン内容
  • 月額
  • しばりはあるか
  • テザリングできるか
  • 容量繰り越しできるか

ニフティの接続サービスを使っていると割引がある(2016年5月現在)

ニフティのメールアドレスを長く使用している人は、アドレスを変えない為に月額260円の会員になっている人も多いのではないでしょうか。私もニフティのメールアドレスを10年以上使っています。毎月の料金から割引がありました。これで1000円前後の格安SIMを各社検討したところ、わが家では最も安くなりました。初月は無料。その後も200円割引が適用されます。普段は意識していないニフティのアドレスのおかげで200円割引してもらえます。開始月無料で以降も800円くらいです。

開始月無料、2ヶ月目、3ヶ月目は450円割引(2016年6月30日まで)

「SIMカードスタート割り」。開始月無料です。私はスマホセット(機種も購入)なので対象外ですが、2ヶ月目3ヶ月目も450円割引です。1000円前後の格安SIM、データのみのプランで、これも大きいと感じました。

NifMoは通話プランは半年のしばり、違約金も安い

いま使っているガラケーでさえ、途中解約で1台1万円かかります。家族で同じプランなので2台で2万円になってしまいます。そのガラケーの解約月(2年間で1回しか解約チャンスがない)は1年以上先なので、それまではニフモ。その後は通話のあるプランにしようか、大手キャリアにしようか考えることができます。通話プランは半年のしばりがありますが、それ以降はいつでも違約金がかかりません。払ったとしても違約金は8000円。また、私はガラケーとの2台持ちなのですが、データのみのプランにはしばりはありませんでした

スマホをはじめて持つので、本体も購入。5000円キャッシュバックは大きかった(2016年4月のキャンペーン)

【追記:2016年5月31日まで延長】NifMoのスマホセット/3GB、5GB、10GBプラン(1.1GBプラン以外)のいいずれかを2016年5月31日までに申し込みで5000円キャッシュバック【追記ここまで】

Zenfone Goを購入長くMacを使っていて思う事は、新しくて安いマシンを短期間で買い替えるほうがストレスが少ないのではないか、ということです。2年くらいで新品を買い替えていこうと思うと、スマホ1台10000円から20000円にしたいところでした。なおかつ一括購入が良かった。「スマホ本体は国産やiPhoneでなくてもいい、できるだけ早そうなもの」ということで、Zenfoneがいいなあ、となんとなく思っていました。スマホセットでZenfone Goが選べたので、即決。5000円キャッシュバックで1万5000円くらい。この機種はテザリング可能。

Zenfone Go専用カバー、有楽町ビックカメラにありました

Zenfone Goのカバー通りがかりにビックカメラに入ったところ、専用のカバーが置いてあり、ついつい購入。まだスマホが家に届く前だったので、どんなカバーが使いやすいかわからなかったので、専用の商品にしてしまいました。

はめこむだけのカバーです。粘着テープやマグネットは使いません。マイク付きのイヤフォンは本体に付属したものがあるので、使用感を確認してから必要なら買おうと考えています。

スマホにニフモのSIMをセットしました。裏蓋を開ける回数を少なくしたいので、メールなどの連絡先をコピーしたmicroSDカードも先に用意しておき、SIMカードと一緒にセットしました。

はじめてのスマホにうきうきします。

スポンサーリンク