読みました「ほねほねザウルス たんけん!アバラさばくのピラミッド」

CA3H1068
「ほねほねザウルス たんけん!アバラさばくのピラミッド」
グループ・アンモナイツ 作・絵
岩崎書店
全87ページ、第1話〜第5話ですが、読むのに力つきて3話までを続けて読みました。残りは主人にバトンタッチしました。トレジャーハンターものは子供たちの興味をひくみたいですし、恐竜も好きなので、食いついてききました。怖そうなシーンもなく、冒険ものなのに淡々とした軽い調子で最後まで明るい感じです。内容は軽いのですが、キャラクターのデザインはきれいにまとまっていて、シールやバッジになっても見栄えがしそう。表紙のタイトルまわりも、ホネのテイストがありつつ、ぎゅっとしまっていて、書店で平積みしていたら読みやすくて楽しそうに見えるのではないでしょうか。雑誌のような見栄えと軽さです。誕生日の記念に買ってあげる、というよりは、面白そうな本あったよ〜と読んであげたいです。

読みました「かばくん」

CA3H1063「かばくん」
岸田衿子さく・中谷千代子え 福音館書店
みなさまご存知、名作の「かばくん」読みました(所要時間:すぐ読み終わるくらい)。読んであげるなら3歳から、自分で読むなら小学初級むき、とあります。しかし、我が家は産まれる前から大きいお腹にむかって絵本を読んできているので、おかまいなしに0歳から読んでます。この本は、私も小さいときに読んでもらっていた記憶があります。なので購入したのは2度目です。とくにこの本は、こどもたちのおばあちゃんがいつのまにか買っていたものです。彼女の好みなんでしょう。娘に買って、孫ができたら孫にも買ったのですから。絵も書体も、きれいできれいで、読みながら自分がみとれてしまうときがあります。おばあちゃんの家に置いてあったのですが、次男が風邪をひいたので、お見舞いにいろいろ持ってきてくれたうちの一つです。久しぶりに読みましたが、「かばより ちいさい かばのこ」と読むところでは、子供のかばを「ここ!」指差したりします。

読みました「かいけつゾロリのきょうふの宝さがし」

CA3H1064「かいけつゾロリのきょうふの宝さがし」
原ゆたか 作/絵 読みきかせた所要時間:32分
7歳の長男セレクトで、図書館で借りました。次男が風邪をひいて家にいるので、長めの本を読みました。宝さがしテーマは面白いようです。また、蓄光性のインクを使ってあるページでは、「ぼくが電気消す!」とあらそうように暗くしてました。途中でやめて「続きは明日ね」という手段が今のところとれません。どうしても読めという空気になってしまい、最後までがんばって読んでいます。あらすじにあまり関係のない、小さな字ばかりのページは、できればとばしてしまいたいのですが、内容が面白くて、つい読んでしまいます。