[OKI]C811dnを約6ヶ月電源オフしても問題なくプリントできる?

このレーザープリンターを購入した時には、なるべく1ヶ月に一度は電源を入れて動かした方がいいとアドバイスされました。

  • [OKI]c811dn

インドに引っ越す時に、デスクトップマシンのMacは持って行けたのですが、さすがにレーザープリンターは日本でお留守番です。心配だったのは、長い期間、電源を落として使わないのですから、中でトナーが固まったり、画面に不具合が出ないかなというものでした。

約半年の電源オフでも[OKI]c811dnはプリントできるか?

半年電源OFFしたc811dn

綺麗ですよ〜!

全く問題なし。。。なんの調整もせずに、さらっとプリントアウトできました。なんて良い子なの。

ちなみに何をプリントしたかというと、次男が覚えるための九九表です。部屋に貼っておいたら、勝手に九九の暗唱してくれないかなと思ったのでした(するわけないけど)。


スポンサーリンク




[okiのプリンタC811dn]ブラックトナーの交換と使用済みトナーの回収依頼をした

トナーを交換したあと、使用済みトナーの回収を依頼。すばやく無料で回収してもらえて、非常にたすかりました。なんと!金曜の昼12時ころに申し込んで、翌日土曜に回収してもらえました。

ブラックトナー交換[所要時間:13分]トナー交換開始

お昼の休憩前に交換してしまいたい。このプリンタは、ブラックのトナーのみなら交換しやすくなっており、他の色トナーより手前にセットします。カバーをひとつ開けて、トナーを抜いたら同じところに新しいトナーをさしこむだけです。
印刷している途中で、トナーを交換したのですが、交換し終わるとそのままプリントを再開しました。交換前も交換直後もきれいなプリントでしたので、余計な手間はありませんでした。

トナー同梱物まず、注文していたトナーの段ボールを開けます。中には、トナーの交換方法や使用済みトナーの回収についてなどが記載されたものが入っています。使用済みトナーを入れる黒いビニール、そしてトナー。黒いビニール袋は口を開いておきます。

トナー交換の表示トナー交換の表示

そろそろトナーがなくなりかけてますよ〜という表示が出てから3ヶ月がたちました。A4で数百枚は出力したはず。いよいよ「トナーがなくなりました」という表示になりました。

交換した手順

本体の右側面に指をひっかける穴があり、手前に引くと簡単にフロントが開きます。交換したいブラックのトナーがすぐでてきます。

トナーの右端に青いレバーがあります。

このレバーを手前に倒し、トナーの右側から持ち上げて、はずします。はずしたトナーは黒いビニール袋にいれます。

新しいトナーを上下左右に振ったあと、シールをはずします。はずしたシールは黒いビニールの口を閉めるのに使いました。左側に、トナーをさしこむ部分があります。

トナーの左側をセットしたら右側もはめこみます。正面のカバーを閉じます。

トナー交換終了使用済みトナーを、新しいトナーが入っていた箱に入れ、箱表面には「済」とマジックで記しておきます。これで、4本の使用済みトナーが揃いました。

お昼に間に合った!


 

トナーの回収はどうしたらいいの?

電話で依頼してしまえば、回収日についてすぐに確認できるかな、とも思ったのですが、ちょうど12時を過ぎていて電話受付時間外でした(1時まで待てなかったのは、私がせっかちだから)。サイト上で手続きすることに決めました。

回収予約01(2016-04-01 12.04.50)

OKIの公式サイト>サポート>使用済み消耗品無償回収(エコプログラム)

OKIの公式サイト、上部メニューからサポートページにいき、さらに使用済み消耗品無償回収(エコプログラム)のページにいきます。左サイドのメニューにある「Webからのご依頼」をクリックします。

エコプログラム会員登録してから申し込む

トナーはこれからも無償回収してもらいたいですし、できれば効率的にリサイクルしたらいいなと思うので、会員登録することにしました。

 

回収予約2(2016-04-01 12.20.51)

ご利用方法>エコプログラム会員登録のWebページはこちら をクリック

回収予約3(2016-04-01 12.21.26)法人か個人かを選びます。

回収予約4(2016-04-01 12.21.56)名前から住所など、また使用しているOKIの機種を選びます。

回収予約5(2016-04-01 12.26.17)登録完了したら、そのまますぐに消耗品回収ボタンを押してみましたが、なぜかうまくいきませんでした。なので、一回閉じるボタン。

回収予約6(2016-04-01 12.04.50) のコピーOKIの公式サイト>サポート>使用済み消耗品無償回収(エコプログラム)>Webからのご依頼>消耗品回収依頼
回収予約7(2016-04-01 12.52.01)また公式サイトのエコプログラムページに。Webからのご依頼のページで、消耗品回収依頼をクリック。依頼ページで必要なことを入力します。

回収予約8(2016-04-01 12.33.37) 2会員登録完了と回収依頼の登録が完了し、どちらもすぐにメールが届きました。
次の日は土曜日なので、本当に回収にくるのか不安でしたが、ちゃんと回収してもらいました。翌日に、しかも土曜日に回収してもらえて助かりました。
CMYのトナーと、ブラックのトナーでは使用頻度が違うので、交換時期が全然ちがいます。使用済みトナーを回収してもらいたいのですが、4本以上まとまってから回収してもらうので、数ヶ月も使用済みトナーを置いておかなければなりません。

トナーは交換時期が近づいてからで充分間に合う

ビックカメラ、ヨドバシカメラなど量販店のサイトから注文して、早ければ翌日にトナーが届きます。トナーはいきなり切れるのではなく、「交換時期が近づいてます」と表示されてから百枚以上、印刷できました。そこから「トナーがなくなりました」と表示がかわりました。トナーを買い置きしておく必要は、私の場合必要ありませんでした(大量に印刷するのがわかっている場合は別ですが)。

 

スポンサーリンク




okiの811dn トナー交換方法(所要時間8分)

初めてトナー交換したときは、説明書を見ながら、写真を撮りながら20分ほどかかりました。2回目は、自分の写真とメモを見ながら、8分で交換終了でした。

用意するもの

新しいトナー、はさみ(梱包をはずす)、机の上くらいのスペース、新聞紙

純正トナーの同梱物

トナー、納品書、使用済み消耗品の回収について、トナー交換方法説明書

準備、段ボールから新しいトナーを出す

古いトナーをはずしてみると、粉がむき出しについていますので、作業スペースに新聞紙をしいておきます。新しいトナーは、ビニールに入っています。はさみであけました。トナーが段ボールで到着。店舗から発送されてから1日で着いたが、発送されるまでに時間がかかった。やはり早めに発注すべき。段ボールをはさみを使って開ける。使用済みのトナーを回収してもらうまで入れておくつもりなので、きれいに開ける。

緩衝剤(くしゃくしゃにした紙)の上に、納品書が。トナー3本です。紙をよけます。

シアン、マゼンタ、イエローがきれいに並んで入ってます。今回はマゼンタが切れたので、マゼンタのみ交換し、シアン、イエローは交換しろというアラートが出てから換えます。ケチケチします。

マゼンタの型番は、TNR-C3LM1です。この番号で、色とトナーの大きさがわかります。梱包してある段ボールの箱は、横に長い上面が開き、取り出しやすいです。

トナーを箱から出しておきます。ビニールにはいったトナーと、トナーの交換方法、使用済みトナーの回収を依頼する旨の書面が同梱。親切。さすが純正トナー。また、使用済みトナーを入れるための黒いビニール袋が入っています。これまた親切。

使用済みのトナーやドラムは無償回収されます。ただし、トナーは4本まとめて送ってほしいそうなので、うちはブラックが切れて交換したら4本そろえて送ろうと思います。

新しいトナーはビニールにはいっていて、しっかり閉じられています。出しやすいようにビニールを開けておきます。わたしははさみで切りました。

プリンタを開ける

本体の右側面に指がはいる穴があります。手前に引き金をひくように動くスイッチがあります。右ききの人が開けやすいような位置にスイッチがあります。

CIMG1083右手の人差し指をひっかけて、手前にスイッチを引くと液晶や操作スイッチがついたフロントパネルが手前に開きます。ブラックのトナーが見えます。ブラックのトナーは、フロントパネルを開けるだけで交換できるようです。便利。

 

CIMG1098CIMG1087プリンタの天井がトップパネルです。トップパネルを開けるためのボタンが右上にあります。やはり右手で押しやすい位置ですね。

CIMG1088

 

CIMG1089トナーを交換する

トップパネルを開けるとトナーが並んでます。今回交換するのはマゼンタです。奥から2番目。交換する色のトナーを確認します。

トナーの右は時に青いスイッチがあり、左手でトナーを軽く抑えながら、右手でスイッチを回してロックを外します。

右側から持ち上げてトナーをはずします。

CIMG1091

 

トナーはトナーまみれです。写真を撮ったりしているうちに、うっかり手にトナーがついてしまってピンクになりました。新聞紙の上ににすぐ置けば良かったです。黒いビニール袋に使用済みトナーをしまって、手を洗いにいきました。水ですぐ落ちます。

はずした使用済みトナー
はずした使用済みトナー

CIMG1081

CIMG1093
新しいトナーをビニールから出して、前後左右に2〜3回振ります。新しいトナーに白いテープがはってありますので、はずします。このテープで、使用済みトナーのビニールをとめるので、とっておきます。

CIMG1094

トナーの設置口にある突起が、きちんとトナーにはまるように注意します。

CIMG1095

トナー全体がしっかり設置されたか確認します。

CIMG1096

青いスイッチを回してロックします。

CIMG1097

トップパネルを戻します。

CIMG1098

フロントパネルを戻します。

CIMG1099

外したトナーをしまう

黒いビニールに入れた使用済みトナーは、とっておいた白いテープで口を閉め、新しいトナーが入っていた箱にしまいました。「済」と書いて使用済みトナーであることがわかるようにしておきます。

CIMG1101CIMG1102


スポンサーリンク