「きみはほんとうにステキだね」読みきかせ

読んだもの

CA3H0961きみはほんとうにステキだね
作絵 宮西達也

おなじみの「おまえうまそうだな」のシリーズです。陸の恐竜と海の恐竜(海竜かな?)の友情の話ですから、画面も2分割され、陸と海にわかれた画面もきれいです。ティラノサウルスはいじめる側の恐竜ですが、エラスモサウルス(?)と友達になりたいので、自分のことを隠します。いつも最後は泣けるかんじのシリーズなのですが、子供に読み聞かせするのに、泣かせてばかりもどうかなと思っています。こどものお気に入りになって、毎日読むような本ではありませんが、おそらく親のほうが読みたくなる絵本です。
子供どうしで、いじめたとか、いじめられたという話は日常茶飯事ですが、ぜひ、小さいうちから「いじめ」が、人権を無視した行動だということを話してあげてほしいです。
小さい子供にとって、おともだちはどんな存在なのでしょうか。中学生くらいになって、「友達」は急に安心できない緊張感をもたらす存在になります。こうした絵本を読んでいて、感動しないというか、登場人物の気持ちを読み取れない子供は、どうやっていじめに対抗するのでしょうか。


コメント

タイトルとURLをコピーしました