DC46のフィルターはHEPAなのか、[Dyson]にきいてみた。

買って良かったもの
すぐ届きました
CA3H0912

箱に記載してある情報はわかりやすい

ダイソンを使って7年になります。紙パックじゃない(維持費がかからない)、モーターが強いなどの理由が気に入っていました。壊れたときのサポートセンターの対応も親切で丁寧でした。
重要なポイントがもうひとつ、フィルターです。年に1度の水洗い(たしかそのくらいの頻度)で良くて、HEPAフィルターなので、排気自体がきれい、という部分です。排気がうしろの埃をまきあげてしまうのが問題ですが、我が家は先にクイックルワイパーで拭き掃除をしてしまうので、埃がまきあがることはありませんでした。


箱書きにあるフィルターの性能
箱を見てみると、いろいろ書いてありますが、「HEPAレベル」と書いてあったり、「0.5ミクロンまで」「0.3ミクロンの埃を集めます」など、一見わかりにくいです。そこで、ダイソンのお問い合わせ番号に電話してみました。

CA3H0909

CA3H0910

ダイソンにフィルターのことを電話できいてみた
「フィルターはHEPAなんですか?」と質問してみると、「HEPAです。」と答えました。ちょっと安心。我が家で使用していたDC12と同じレベルだそうです(どうも、HEPAのなかにもレベルがあるようです)。

しかし、なぜ「HEPAレベル」と記載したり、ぼかした表現なのかは、質問してもわかりませんでした。

HEPAフィルターとは、空気清浄が求められる分野で使用される高性能フィルターで、High Efficiency Particulate Air Filterの略。素材は直径110μm以下のガラス繊維のろ紙でできており、JIS規格で『定格風量で粒径が0.3μmの粒子に対して99.97%以上の粒子捕集率をもち、かつ初期圧力損失が245Pa以下の性能を持つエアフィルター』と規定されている。
HEPAフィルターはクリーンルームやクリーンブース用の精密空調機器、製造装置の組込み用のファンユニットに使われ、クリーン度クラス10010,000までに対応し、高いクリーン度を要求されるような半導体や液晶、医薬品や食品などに適している。また空気清浄機やエアコンなど家電の排気フィルターとしても搭載されている。

出典:「weblio辞書」http://www.weblio.jp/

コメント

タイトルとURLをコピーしました