新鮮な気持ちで感動することができるための忘却

マックカフェでうれしいこと日記

ひさしぶりにマックカフェにきました。

家で仕事をしていて、煮詰まってきたときなど、ちょっとリフレッシュしたいときがあります。お昼時はどこも混むので、12時ごろははずします。

今日はおやつどきでした。

おなかもすいていたし、マフィンでも頼もうと決めていたのですが、
「お皿に出してもよろしいですか?」とたずねられ、もちろんお願いしました。
正直、カフェオレとマフィンなので、そのままカウンターからもらっていきたいと思っていたら、番号札をわたされて席で待つ事に。

まだかな〜。と思っていると、運ばれてきたのは

こんなのです。

マックカフェでうれしい、お皿

マックカフェでうれしいこと。お皿にメッセージが。

お皿には文字とハートマークが!
茶色い字はチョコレート、黄色いところはフルーツ系シロップでした。もったいないのでハートは最後まで残しました。

カフェオレにも

カフェオレにも泡の絵が。

カフェオレも(ありふれたカフェオレが!)泡に絵が。。。

いつも「そういえば、こんなサービスがあったっけ。」と思い出します。
毎回、新鮮でうれしいのです。忘れっぽいことのメリットです。

いま英会話を勉強していて、ぜんぜん頭にはいってこないし、覚えられませんが、こういうこともあるので、忘れっぽいことで、何回も嬉しいサプライズが楽しめます。別にサプライズのつもりのサービスではないのだとおもいますが!


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました