[1日目:生地買い出し&水通し]1日1時間、子供カットソーをつくってみる様子

子供のカットソーのためのニット生地今日の傑作

子供が着ているTシャツが小さくなってきたので、少し大きいものを、と探しましたが、半袖のTシャツは品薄でした。秋だからです。これから寒くなるというのに、子供は半袖で過ごしたいそうです。薄着で育てよう、と試みた結果です。そこで、子供のカットソーを作る事にしました。

生地はニットで少し厚みがあります

ニット生地、茶とブルーグレー

ニット生地、茶とブルーグレー

自由が丘の有名店まで行って、購入してきました。楽しかった!カットしてあるお買い得のニット生地は、サイズをよく確認して購入します。こちらは十分な幅と長さがあります。2着分、とれるかどうか。

フランネル、ブルーグレー

フランネル、ブルーグレー

布帛(伸びない生地)で衿をつけます。

ニット生地、黒と生成り

ニット生地、黒と生成り

こちらも、180センチ巾で70センチあれば、子供のカットソーは余裕でつくれるはず。同じ生地を以前も購入し、カットソーをつくりました。そのときの型紙を少し大きくして使おうと思っています。

制作スケジュール

地直し

地直し

まず、地直し(水とおし?)しました。ここからは1日1時間くらいの作業ですすめます。明日は裁断。その次の日に縫います。

必要な材料

ミシン糸、ボタン

ミシン糸、ボタン

綿天竺ニット=165センチ巾60センチ(130サイズで)
別布=40センチ×50センチ
接着芯、ボタン(本ではスナップ)、ポリエステルミシン糸、ニット用ミシン糸、ニット用ミシン針

参考ソーイング本

ひとつの型紙でいくつもTシャツがつくれます。以前は、ボーダー生地で短冊あきのものをつくりました。今回は別布(布帛)の衿をつけたものをつくります。

スポンサーリンク




タイトルとURLをコピーしました