届きました「(Outlander 2)時の旅人 クレア 2」

時の旅人 クレア 2 表紙OUTLANDER
outlander2,時の旅人クレア2

ジュンク堂のサイトで注文したのが12/4(2015年)の夕方。そして次の日には発送しましたメールが届き、12/6日には宅配で届きました。中1日です。

時の旅人クレア2が届く

時の旅人クレア2が届く

OUTLANDERシリーズ2冊目「時の旅人 クレア 2」では、結婚式から始まります。この結婚式のくだりは、のちのちまで話題に出る重要なシーンです。

時の旅人 クレア 2 表紙OUTLANDERシリーズ2冊目

時の旅人 クレア 2
ダイアナ・ガバルドン著 加藤洋子訳

ネットで見ると、本の表紙は「時の旅人 クレア 1」と同じ写真ですが、2巻には広めの帯がついており、クレアとジェイミーの結婚式のシーンの画像が見られました。この帯は大切にとっておこうと思います。1巻もそうでしたが、読み返すととまりません。映像で見て、さらに小説では先まで読んでいるので、青春時代を懐かしく振り返っているような気分です。3巻では二人をこれでもかと悲劇が襲うことがわかっているので、ことさら美しい場面に感じます。

時の旅人クレア2裏表紙帯

時の旅人クレア2裏表紙帯

裏表紙の帯には、DVDプレゼントのキャンペーン内容が。

一度読んだ「時の旅人 クレア 2」を注文してしまった理由

「時の旅人 クレア」は、ヴィレッジブックスから刊行されていましたが、探しても探しても在庫がなかったところ、やっと早川書房から再文庫化されることになりました(2015年)。「ジェイミーの墓標」もおそらく刊行されるのではないかと期待しています。再文庫化される前、図書館に行って読んだものの、仕事の合間に走り読みしたので、台詞を正確に思い出せずにいました。

特に、結婚式の晩にジェイミーがクレアに語る言葉は素敵です。クレアにお互い正直でいよう、とジェイミーが話すシーンでは、英語で書かれた原作を翻訳してもこんなに素敵なものなのか、と思いました。ここの台詞をどうしても読み直したかった。ブルーレイも買いました。しかし、原書の台詞と照らし合わせてみたり、映像の台詞と比較してみたりしたかった!

そこの台詞は、これです。

…話せないことは話さなくてもいい。だがお願いだ—話すなら、真実を聞かせてくれ。おれも真実を聞かせる。いま、おれたちのあいだにあるのは—敬意だけだ。その敬意の中には秘密はあっても嘘はないと、おれは思う。きみはそう思わないか? (時の旅人 クレア2より)

このときに「正直でいよう」という約束は、その後20年たっても守られます。

ルパートについて気がついたこと

ルパートはこののち「ジェイミーの墓標」で、クレアにこのときの結婚について気持ちを語るシーンがあります。たしかに、この「時の旅人 クレア2」でも、ジェイミーが「ルパートと結婚したほうが良かった?」と冗談をとばしますが、ここの部分を読んだとき、私は「あ…。」と切ない気持ちになりました。

また、ルパートはマッケンジー一族であり、ジェイミーにとって母方のまた従兄弟だとあります。2巻の段階で、クラン・マッケンジーの跡継ぎとしても権利があったのではないでしょうか。そうすると、ジェイミーがクレアと初めて出会った森で、誰かに銃で撃たれたのも、やはりジェイミーの予想どおりルパートだったのでしょう。撃たれた方向には、イングランド兵ではなくマッケンジーの人間がいた方向だった、そしてルパートは射撃の腕がもっとも良かった、とジェイミーが言っていました。

マッケンジーの領主、コラムは長生きできません。せっかく集めたジャコバイトの資金をコラムに見つかったときも、「コラムとドゥーガルなら、ドゥーガルにつく」とルパートが名言するシーンもあります。ルパートが領主の座を狙っていたのではなくとも、ジェイミーの命を狙う動機がありました。

タイトルとURLをコピーしました