自営業で一人暮らし、電力会社乗り換えたら、8月から10月「3ヶ月間」の電気料金は安くなったか?

私の親しい友人も知らないうちに電力会社を乗り換えていました。

「東京ガスにしたの。」

2016年4月から電力自由化。実際に乗り換えたのは、まだ2%だとか。私のまわりでは珍しくないです。私の家も東京ガスに乗り換えました。同じ電力会社ですが、家族構成が違います。4人家族は、安くなりました。では、一人暮らし(なおかつ自営業)ではどうでしょう。

自営業、一人暮らし。東京ガスに電力会社変更

8月から乗り換えて、3ヶ月が経過。どのくらい、金額が変わったでしょうか。一人暮らしでも、仕事場が家と一緒であれば電気代はけっこうな金額です。

「電力会社を変えただけで、電気代がかなり違う。」と実感したそうです。

お友達とはいえ、「明細を確認したいから探してきて」とはいえませんでしたが、明細を細かく確認しなくても、ざっくりした差額はわかるのではないかと考えました。

明細なしでも、通帳でざっくり確認できる

電力会社を、東京電力から東京ガスへ乗り換えると、ガス代と電気代の明細も1枚になりますし、引き落としも一緒です。通帳から引き落としになっている場合、東京ガスは、「電気料金+ガス料金」で落とされています。

2016年8月の引き落としは「東京ガス(電気)+(ガス)」の合算ですから、2015年8月の引き落とし「東京ガス(ガス)」と「東京電力(電気)」を足して比較します。

通帳を見るだけでも、昨年の金額と今年の金額がだいたい確認できます。

自営業、一人暮らしの場合、夏場の電気代は安くなったか

一人暮らし、8月から10月電気料金の比較(ガス料金との合算から)
8月から10月のガス料金と電気料金の合計(税抜)。昨年と比較して安くなりました。

それにしても8月の6,000円弱の差は大きいです。9月は安くなっていませんが、たった3ヶ月の比較で、6,000円の差が出ました。9月は乗り換え前の年のほうが安かったです。実は4人家族のわが家でも9月は同じように逆転していました。昨年の9月よりも今年の9月のほうが電気を多く使うほど暑い日が多かったのでしょうか。

東京ガスの電気には選ばれる3つの理由が!

エネチェンジ電力比較