風邪ひいたかな?というときに、はちみつを

ひとさじのはちみつ、表紙読んだもの

「喉がいたいなあ、風邪かなあ」というときに、いつもより多めにはちみつをいただきます。

粉末のビタミンCとはちみつをスプーンにのっけて、ぺろっとなめます。はちみつは、加温殺菌されていない純粋はちみつです。

はちみつに感動する本

毎日の生活のなかで、はちみつを役立てる具体的な方法が書かれており、実際に試してみる気になりました。

特に、歯磨きにも使うという情報は、今まできいた事もありません。試してみましたが、翌日の口のねばつきが少なかった気がします。

もっとも感動したのが、はちみつとオリーブオイルのパックです。1分ほどでいいので、外出前に肌がしっとりしてくれました。

ひとさじのはちみつ、前田京子著

「ひとさじのはちみつ」前田京子著

乾燥している時期は、子供が学校から帰って手洗いうがいしたあと、ひとさじずつ、はちみつをあげます。「はちみつあげるから、手洗いうがいしましょうね。」と声をかけると、素早い動きで洗面所に向かいます。

美味しい風邪予防です。