どんぶり金魚を預かったら、エサは1粒づつあげて

金魚の餌金魚を飼う

金魚の餌

どんぶり金魚にエサをあげるときは、やさしく声をかけてからあげてください。

「金魚さん、ごはんだよ〜。」

尾ひれをフリフリしながら近寄ってくる金魚は、それはもうかわいいです。水面から顔を出して、おねだりします。

エサは一粒づつあげる

一粒、エサをあげると、しばらくモグモグと口を動かします。しばらく待ってあげて、モグモグが終わったら、次の一粒をあげます。1日に10粒〜15粒くらいにしています。

小さな器に1日分のエサを出しておいて、気がついたときにあげています。

エサは少なめに

夕方までにエサが余っているときがあります。1日のエサは少なくても大丈夫です。金魚は1週間くらいエサがなくても、全然大丈夫です。

むしろ、あげすぎるときのほうが体調を崩します。

1週間くらいはエサなしでもいい

もし、どんぶり金魚を預かる期間が1週間くらいなら、エサはあげなくてもいいかもしれません。預かった日から3日は、エサなしで塩水でトリートメントします。そのままエサを切ってもいいくらいだと思います。