インドの大気汚染は、なぜ11月がひどいの?

空気清浄機、フィリップスインド

空気清浄機、フィリップス

インド、首都デリーは11月から1月くらいまで大気汚染が深刻。デリーに近いグルガオンという街に住んでいますので、やはり大気汚染はひどい。

政府からのお達しで、小学校が休校になったくらいです。

なんでこの時期に大気汚染がひどいのか

実は、夏にもインドに来たことがありますが、空気はキレイでした。pm2.5を目で見ることはできませんが、本当にひどいと、視野も悪くなります。11月のインドの空気は、霧がかかったように白いんです。15メートル先の植え込みの木がかすんで見えます。

経済発展やゴミ処理問題だけでは説明できない、季節の偏りがあるように思えます。

現地に住むインドの方のお話などをもとに、三つの原因を想像しました。

ひとつには、ディワリと呼ばれるお祭りの花火です。2017年のディワリは10月19日。街中にディワリを祝う飾りが見られ、夜になると一般家庭でも花火を打ち上げます。窓の外を眺めると、あちらこちらで花火が上がっています。これが数日続きます。

ふたつ目には、野焼きです。農家が畑を焼くわけです。11月に入ると野焼きシーズンになるようで、1週間ほど集中するそうです。

みっつ目には、風が無いという気象条件です。この季節は、風も吹かなければ雨も降りません。汚染物質は、どこにもいかずに、とどまっています。ディワリから野焼きまで、蓄積されて動来ません。

大気汚染対策は

外出時は、高機能マスクを着用し、部屋の中では空気清浄機を使います。需要があるので、マスクの種類も豊富です。N95という高機能マスクが簡単にネットで手に入ります。子供用のマスクも、洗濯できたりフィルターを入れ替えられたり、使い捨てのものも安価で見つかります。

室内では、空気清浄機を使います。pm2.5対応のものがたくさん売られています。私はpm2.5対応で、HEPAフィルターがついているものを探しました。インドのメーカーのものも、強力で高機能だそうです。我が家は、3台の空気清浄機を借りていますが、1台購入して増やしました。

数ヶ月の間だけなので、使い捨てのマスクで乗り切るもよし、半年ほど使えるマスクを10月から準備しておくもよし。空気清浄機は回しっぱなしに。インドから日本へ一時帰国するもよし、です。