海外生活のストレスに負けて買ってしまったものは

キヤノン、モノクロレーザーMacとWordPress

初めての海外に、ストレスがたまるのは当然かもしれません。しかし、ストレスがたまるからといっても、主人に当たっても申し訳ないだけです。主人だって頑張っているのですから。

ストレスを解消するのに、買い物をしてしまいましたが、これがとても有効で気が晴れたので、ご紹介します。

それは、[canon]のモノクロのレーザープリンターです。

キヤノン、モノクロレーザー

シンプルで美しい!小さ〜い!

ネールプレイスは、デリーの秋葉原

デリーには、パソコンのパーツを売っているマーケットがあるらしく、私は勝手にインドの秋葉原と読んでいます。おっと、インドは広いし、ムンバイなんかに行ったらもっと大きなマーケットがあるかも。

デリーの秋葉原、ぐらいにしておきましょうか。

普段、出入りしているグルガオンの商店街やデパートとは、全然違う!すごい人出!

ここは「初詣」か!

というくらい、広いマーケットが混んでいました。面白そうな店もたくさんありますが、建物の奥に入っていく時間も勇気もなく、表に面したショップで価格をチェックしました。た、楽しい。。。でも、地面が汚い。。。

実際は、プリンターの知識はあまり詳しくもなく、日本の秋葉原とは品揃えも知識も及びません。詳しい人は詳しいのだろうけど、できない人との開きが大きいのでしょう。

なぜプリンターなのか

インド生活にも、レーザープリンターが必要。

私はokiのレーザープリンターを愛用していましたが、インドまで持ってくるのは諦めたんですよね。それは、間違いでした。インドに持ってくるべきでしたよ。

だって、日本に一時帰国した時にプリントしたいものがあったら、今はコンビニでも簡単にプリントできますよ。しかも結構キレイにプリントできますもの。安く。朝でも夜中でもコンビニに行けますよ。

インドにもプリントアウトできるお店がありますが、そこに行くには車で移動しなやきゃいけない。夜なんて絶対無理。

インクジェットは、インクは安いけど、刷れる枚数が少ないので割高なイメージがあるし、用紙自体も高い。しかも水ににじむし、退色も早い。いくら技術が上がっても、文字のエッジが綺麗にいきません。そんなとこまで気にする人も少ないし、細かい所なんて見ないでしょうけど。

紙を選ばない、用紙が安い

カラーで出力しなきゃいけない時は、プリントアウトショップにいけばいいです。大概のプリントはモノクロで十分。用紙は200ルピーほどで買うことができ、日本の価格とそれほど変わりません。

モノクロのレーザープリンターは、すごくいい紙でなくても、きっちり文字を印字します。大量に印刷するわけでもありませんが、一旦、レーザープリンターを用意してしまえば使い勝手はかなり良いのです。

英語の勉強に4線の罫線つきpdfをプリントしたり、九九表をプリントして貼ったり、塗り絵をプリントアウトしたり。

楽しいかも!