[初心者]wpxレンタルサーバーに引っ越した4つの理由

wpxからwpxへMacとWordPress

今回(2015年8月)の引っ越しは、wpxクラウドからwpxレンタルサーバーへの超近所への引っ越しです。サーバーアカウントは繋がっています。簡単に引っ越しできないか、やってみましたが、やはりマニュアル通りに行うのが一番だったかも、という反省を込めて、自分のためにメモします。

wpxには「wpxクラウド」と「wpxレンタルサーバー」と二つのサービスがあります。ブログが巨大化してきたときに柔軟にステージが変えられるクラウドに対して、レンタルサーバーは10個までのWordPressが設置できます。ブログを書くなら、「独自ドメイン」で、「レンタルサーバー」で「WordPress」がいいと考えて、私のような初心者にはハードルが高かったのですが(今でも敷居高く感じる)、有名なエックスサーバーのサービスのひとつ、WordPressに特化された「wpxクラウド」を始めてみました。

引っ越ししようと考えた理由【※2015年8月の情報です。】

まずは、wpxクラウドでWordPressをはじめてみて、そのままひとつのブログに集中して大きくなったらグレードを変更する。もし他にもWordPressでブログを増やすなら、wpxレンタルサーバーのほうに引っ越すことをおすすめします。

1)ブログが増えたので、まとめたい
いくつかのサイトをWordPressで作ることになり、私は贅沢にも、クラウドに加えてレンタルサーバーも契約しました。どちらも快適で、また大きくなる予定のクラウドのほうのブログも、たいしてアクセスもなく容量もそれほど増えないようなので、レンタルサーバーのほうにブログをすべて移動することにしました。

2)SSDになって、サーバーにブログを増やしても速そうな気がした
wpxは今年(2015年)6月に、HDDから複数のSSDに交換されました。もしブログにアクセスが多くなっても、10個まで増やしても、きっとこれなら速いままだと思いました。ひとつだけブログを持つならもちろんクラウドですが、レンタルサーバーのほうに魅力を感じるようになりました。そもそも私のつくるサイトは大きなものなどないのです。引っ越してみても、安定性や速度はまったく問題ありませんでした。

3)wpxクラウドの契約料を節約できる
引っ越しする手間とリスクを考えたら、wpxクラウドは解約しない人が多いかもしれません。月額500円ですから、年間でも6000円(税抜き)くらいです。しかし、この引っ越しの努力で節約できるなら、やってみようと勇気をだしました。決心するまでに、1ヶ月かかりました。悩み過ぎですね。

4)戻るのも簡単
実は、WPの引っ越しは、独自ドメインであれば、かなり簡単だそうです。もし、ブログが成長してきて、クラウドで運用したくなったら、また契約しなおして引っ越しすればいいか、と考えました。初期費用もキャンペーンを狙えば、かなりお手頃な価格です。

やってみなければわからないことが、たくさんありました。画像のリンクがはずれて、大量に手動でリンクを貼り直すことになったり。あとで検索してみると、画像がダブっていたり、リンクがはずれたりする原因も、なんとなくわかりました。先にわかればいいのですが、果てしないように感じる大量のリンク貼り直しも、一晩でなんとかなりました。ぜひ、なんとかなる程度の大きさのうちに引っ越しを体験することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました