おまつり屋台に妖怪ウォッチ

CA3H0140CA3H0138今日は、街の大きなお祭りがありました。昼からこどもと周り、どのお店で何を買おうか下見をします。昼なのに人が多くにぎわってました。わたしは「妖怪ウォッチ」というテントを初めて見ました。お祭りの屋台が出ている通りをすべてまわることは、無理なので(広いから)、にぎわっている大通り2本、小道にはいって3本くらいを確認しましたが、「妖怪ウォッチ」のテントは6店でした。妖怪ウォッチのおもちゃや妖怪メダルが当たるくじびき屋さんで、1回300円のお店と400円のお店がありました。400円のほうが景品がよさげです。400円のお店でも、「3回ひいたらオマケがつく」とか、「3回ひいて、いい番号が出なかったら、オマケと交換」とかシステムに若干の差があります。どこのお店も熱心に説明してくれます。
「400円で1回、1000円で3回」というお店で、3回ひくと、妖怪メダル1枚をおまけしてくれるお店にしました。最も条件のいいお店を選べたと思います。こどもに500円玉を渡していたので、ふたりでそろって500円玉を出して、塗り絵や妖怪メダルをもらいました。
子供には、あまりお金を無駄遣いしてほしくない父親と、地元のお祭りにお金を落とすのは縁起ものだと思っている私とで、少し違います。わたあめや、りんごあめ、たこやき、やきそば、と食べ物ばかりを買って帰りました。夕方、長男だけおばあちゃん、おばさんともう一度お祭りにいくと、行けなかった弟のぶんのおもちゃと、「さっきのたこやきはパパの分が少なかったから」とパパにたこやき、わたしに焼きそばとわたあめをお土産に買ってきてくれました。満足そうにしているこどもたちですが、自分だけ楽しむより家族で分け合うほうが楽しいことをわかっている息子に、親も大満足でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です