積み木、ドミノとして並べる

今日の傑作

5歳の次男は、一人でもドミノのように並べます。次男は部屋いっぱいに積み木を並べたり、高くつみあげて壊したりします。一人でもできるけど、「ママも手伝って〜」とあまえて、一緒に遊びたがります。8歳の長男は、積み木のはいっている木の箱を使って、中にテーブルやベッド等の家具を配置して、フィギュアと一緒に遊ぶのが好きです。

CA3H0116きれいに全ての積み木がたおれると、嬉しいようです。

ドミノは倒すことを考えて並べますが、高く積み上げた塔を壊したりすると、ちょっと残念な気持ちになります。泣いてしまう子もいるかもしれません。しかし、「もう一度つくろう!」と思えることが積み木の素晴らしいところだなあ、と思います。壊れても、「作り直すから大丈夫!」と思える柔軟な強さは、打たれ弱くてクヨクヨしがちな私にはうらやましいくらいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました