国立国会図書館

読みました「(OUTLANDERの原作)時の旅人 クレア1・2」

時の旅人 クレア 1・2
ダイアナ・ガバルドン著

どこの書店も在庫なしの小説だけど、どうしても読みたい

AXNで放送中のOUTLANDERの原作、「時の旅人 クレア」は、全3巻。3巻目はまだネットで注文できるようなのですが(注文しました。丸善&ジュンク堂のサイトで)、1巻、2巻はどこのサイトでも注文できません。数年前に少ない部数で発行されていたところ、ドラマとして映像化された瞬間、需要が高まったのでしょう。なんといまでは(2015年9月現在)、中古で5000円くらいします。新品が800円弱なのにです。また、需要が高ければ再販されるのでしょうか。早いところ、刷ってほしいです。

【追記】アウトランダーコミュニティ「ケイリー」によると、2015年10月22日(木)早川書房から「時の旅人 クレア 1」が発売されるそうです。

【追記2】「時の旅人 クレア 2」は2015年11月20日に発売。

原書を買ってみた

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
表紙は写真のないバージョン

OUTLANDERシリーズは20冊以上が刊行されている、息の長い世界的人気シリーズです。

実は原書で購入しましたが、やはり一部しかわかりません。「時の旅人 クレア 1~3」として3冊に翻訳されているので、少なくとも日本語訳のほうは3巻までは読んでみたい、と思っていました。翻訳ではありますが、非常に読みやすく文章もきれいです。

国立国会図書館を利用してみた

ちなみに図書館での予約も可能でしょうが、私の住んでいる区の図書館にネットから予約しました。6人待ちでした。
気長に待とうか、と思っていた矢先に、国立国会図書館で調べ物をする機会がありました。「まさか、ないだろう。あっても貸し出し中だろう」と思いつつ、端末から検索してみると、

ありました!

見事に3冊とも。国立国会図書館は、端末から予約するとカウンターまで書籍・資料を出してくれて受け取りにいきます。もちろん館内での閲覧のみですから、早い者勝ちです。考えてみれば、この図書館に置いてない書籍はないんです。あって当然ですね。

さすがに、永田町まできてロマンス小説を閲覧する人はいないのでしょう。調べ物をしたり、資料が出てくるのを待ちながら、ちょこちょこ読み、休みの日にもう一度いき、2巻まで読んでしまいました。面白かったです。

1巻2巻で気になった部分

ネタバレになるのですが、1巻は重要な伏線が多かったように思います。”フランク(時間を超えた主人公の現代の夫)は、古い紙切れをいつも持ち歩いていた”のですが、そこには何が書かれていたのでしょうか。先祖(ジャック・ランダルは主人公とその夫を執拗に追った)からのメッセージでしょうか。2度目の新婚旅行をハイランドに決めたのも、フランク。戦争前にした新婚旅行もハイランド。

クレアの失踪前に、家の前で”完璧なハイランドの装束をまとっていた男”を見ました。スポーラン(革袋)、雄鹿の描かれたブローチも見ました。これはジェイミーで間違いないと思うのですが、なぜ風に吹かれても衣装が動かないような状態だったのでしょうか。

フランクに情報を与えていた牧師(ウェイクフィールド)の家系は1762年までさかのぼれます。そして、牧師の養子は、ロジャー・W・マッケンジー・ウェイクフィールドと言います。両親は亡くなり、16世紀までさかのぼれる旧家。これはもちろん、ドゥーガルの子孫でしょう。

フランクは、血のつながらない養子に反対しており、どうしても実子がほしいと言っているのも気になります。

ジェイミーと結婚式を挙げたチャペルは、クレアがかつてフランクと挙式したところでした。

原作では、政治的な背景が複雑

ジェイミーは、原作では非常に賢くたちまわります。屈強な戦士ではあるのですが、相続する領地に地理的な価値があったり、マッケンジー家を継げるほどの血筋であることも命を脅かし、実の叔父のドゥーガル、コラムに殺されてもおかしくない状況を、時にはシニカルなジョークをとばしつつ、軽快に生き延びていきます。ただのロマンスファンタジーと思ってはいけません。

ジェイミーに会えるならスコットランドに旅行したいとさえ思う

ジェイミーの台詞は特に素晴らしく、うっとりしてしまいます。ここが、ロマンスファンタジーとしての特徴でしょうか。王子さまで、教養深く、賢くて、強くて勇気があって、さらに優しくて背が高く、顔がいいのです。こうしたところに、うっとりしながら読んでいる場所は、国会図書館のなかです。席の向こう側では、どこかの先生ぽい人が、いくつもの研究資料を広げて、調べ物をしています。そんな真面目な空気のなかで、結婚しただの、命をかけて君を守るだの、きっと私の顔はにやついていたと思います。

やはり家で読みたい

洋書のほうは、日本語訳を読んだらなんとなく内容がわかりますから、合わせて読んでいけそうです。ネットで注文すれば、すんなり購入できそうです。日本語訳の続きは「時の旅人 クレア 3」ですが、ジュンク堂のサイトからすでに注文しました。また、区の図書館のサービスを利用してもいいかな、と思います。ネットで購入できればいいのですが、在庫もないし入荷の予定もないんじゃ、借りるしかありません。国会図書館にいくと、往復の電車賃だけで本が買えてしまいます。ぜひ再版してほしいです。【追記】アウトランダーコミュニティ「ケイリー」によると、2015年10月22日(木)早川書房から「時の旅人 クレア 1」が発売されるそうです。やった!


スポンサーリンク




アウトランダー シーズン2 ブルーレイ コンプリートBOX(初回生産限定)【Blu-ray】