はじめての乱視遠視メガネ

大人がつくる初めてのメガネ【その2】メガネドラッグでつくったのは、乱視と遠視用

メガネが出来上がったので、受け取りに。

メガネドラッグ本店

こちら、本店。この店舗からメガネドラッグがはじまったとか。店内は広く、検査機器のブースも複数あり、フレームの種類もたくさんあります。

つくってもらったのは、乱視と遠視のメガネ

はじめての乱視遠視メガネ

かけてみて、軽さにびっくり。私の顔に合わせて調節してもらいました。

小説もよく見えます。腕をのばして離さなくても、文字がくっきり。乱視を矯正しているのと、近くにピントを合わせるのをたすけるようなメガネです。

かけっぱなしにはしない

座って本を読んだり、細かい作業をするときにだけ、このメガネをかけます。外では使いません。遠くはかえって見えづらくなってます。

このメガネをかけたまま、部屋のなかを移動すると、ちょっとくら〜っとしました。歩く時は、家のなかでもかけないようにします。

このレンズは熱に弱いので気をつける

ストーブの近くに置いたり、お湯をかけたりもダメだそうです。ほこりを拭き取る時は、固いほこりがキズをつくると良くないので、軽く水洗いしてから拭きます。夏の暑い日も、車に置きっぱなしにはしません。

破損したら、3割負担で修理してもらう(1年以内)

保険がついていて、自己責任で破損したら、3割の負担で修理してもらえます。取り扱い説明書のとおりの使用なら、1年間は無償で修理してもらえます(2016.11月現在)。でも、なるべく壊れないように大事にしたい。

色は赤にした!

はじめてのメガネ、赤

つるの色も、赤紫。フレームは赤茶です。本も読める!ブルーライトもカットしてる!とても嬉しいです。

 

スポンサーリンク