寒い日のバードウォッチング長靴はタイツ+靴下の2枚ばきで

バードウォッチング長靴、前から日本野鳥の会プロデュースのバードウォッチング長靴。

かっこいいのですが、細身で薄手です。寒い日には不向きなのではないかと思っていました。
昨日は東京にも雪が降ったので、試しに雪のなかをバードウォッチング長靴ででかけました。

ニットのタイツと、レッグウォーマーを重ね、靴下をはきました。だいたい靴下2枚履きと同じ。くるぶしは、3重になっており、やや厳重に保温してました。

まったく平気。

アスファルトに雪は積もりませんでしたが、冷えてくるなら足元からだろうと思います。

バードウォッチング長靴は、デニムをインして着用できるように、ゆとりのあるサイズを選んでいます。
私の靴のサイズは23.5㎝で、この長靴の場合は、Mサイズ(25㎝)を着用しています。少し大きめなので、厚手のソックスを重ねても余裕があります。

厚手の靴下1枚よりも、薄手もしくは普通地の靴下を2枚かさねるほうが暖かかったです。

東急ハンズ、バードウォッチング長靴東急ハンズで販売されているのを見つけました。私はネットで購入しましたが、サイズ感を確認したいなら、試し履きをするといいでしょう。