どんぶり金魚のお留守番[2日間]週末は餌を控える

バケツに移動金魚を飼う

バケツの金魚会社でどんぶり金魚を飼うのも、素敵だなと思います。でも週末は誰もいない会社で水換えができません。そんなときは、2日間、会社でお留守番できるように準備しましょう。短期の旅行のときにも同じように準備します。

  • まず、金曜日は餌を控える
  • 金曜日の夕方、大きめの器に移動する

ポイントはこれだけです。

準備するもの

バケツ、カルキ抜きした水、プラスチックのカップ

バケツは4ℓほどの黒いバケツを使っています。水はあらかじめ汲み置きしておくか、家庭用浄水器(わが家はブリタを使用)を通した水などを用意します。金魚の移動は手ですくうのが基本だそうですが(参考:書籍「どんぶり金魚の楽しみ方 世界でいちばん身近な金魚の飼育法」)、私はプラスチックのカップでそっとすくっています。カップは、化学実験用のディスポカップです。

まず、金曜日は餌を控える

餌を切ると、水の汚れがある程度、抑えられます。金魚は1週間や2週間は餌を食べなくても大丈夫です。一週間のうち、金・土・日と3日間えさなしで、2年生きています。

金曜の夕方、大きめの器に移動する

大きめの器として、4ℓの小型のバケツに移動しています。バケツの水は、家庭用浄水器でカルキ抜きした水です。

バケツに移動

まず、金魚をプラスチックカップですくいます。

バケツにカップごとうかべます。

バケツにカップごとうかべる

カップの水の温度とバケツの水の温度が同じくらいになったら、そっと金魚をバケツの水にはなします。

バケツに移動、終了