ぬいぐるみで遊ぶ様子|魚屋さん

ぬいぐるみ遊び、魚屋さん日記

いつまでも捨てないなあ、と思うのがぬいぐるみです。子供は、毎回ぬいぐるみたちに役を与えて生き生きと遊びます。ぱっと見には、何を想定したシーンかわかりませんが、しばらく観察しているとわかってきます。

「いらっしゃーい!」「今日は魚がおいしいよー!」

魚屋さんらしいです。

ぬいぐるみ遊び、上から見たところ

ぬいぐるみ遊び、上から見たところ

横から入ってくるプテラノドンはお客さんかな、と思うとちがいます。

「これはお客さん?」

「ちがうよ、魚を売りにきてるんだよ。」

ぬいぐるみ遊び、サイドから見たところ

ぬいぐるみ遊び、サイドから見たところ

上空から魚を見つけて、急降下して川に飛び込んで魚を捕るそうです。捕った魚は、こうして魚屋さんにおろすわけです。お客さんだったら、カウンターの正面から来るのでしょうが、業者さんなので、サイドから入ってくるようです。

タイトルとURLをコピーしました