[IKEA]ÖLMSTAD、シンプルな木のテーブルを組み立てたーその2

昨日は、IKEAのÖLMSTADのシンプルなテーブルのパッケージ内容と使った道具を記載しました。今回は続きで、組み立てに入ったところです。

組み立てた様子

板に、大きな金具をつけます。ネジを使います。穴があいていますが、これは位置決め用。

板4枚をつなげます。出来るだけ軽くとめておきます。

長いネジにリングを通します。12セットになります。

板側面の穴にねじをいれる

図3のように、リングを通したネジで、つながった板を天板に固定します。板には穴が空いています。

大きな金具のネジは、軽くとめておきました。ズレがないことを確認して、しっかりつけてしまいます。

テーブルの足になる角材テーブルの足になる棒に、2本のねじ棒をいれていきます。

まず、穴が二つあいたナットを足になる木材に入れます。このとき、穴の方向に注意して、ねじ棒がさせるように落とします。組み立て説明書では、ここで穴のあいたナットの方向を決める為にマイナスドライバーを使いますが、方向さえ気をつけていれば、なくても大丈夫でした。

天板に足をつけてみて、ねじ棒を大きな金具にはめます。

足がついたリングをかませてナットで固定すると、やっとテーブルに足がつきました。

ラチェットでしっかりナットをしめます。

4本足のシンプルな木のテーブル、ÖLMSTAD2週間ほど使用したら、ましじめすると良いそうです。


スポンサーリンク