方向音痴の私が旅行に持って行きたいもの。[ANKER]のモバイルバッテリーは、軽さで選びました。

アンカー、モバイルバッテリー、アストロ e1NifMoとスマホ

方向音痴の私が、旅行や外出でも困らないのはスマホのおかげ。しかし旅先では、電源をかならず確保できるわけではありません。そこで、以前から欲しかったモバイルバッテリーを購入することにしました。

anker、モバイルバッテリー[ANKER]ASTRO E1です。かわいい〜。

モバイルバッテリーは、必要か?いつ使う?

普段の生活では、スマホのバッテリーが無くなることは滅多にありません。私がモバイルバッテリーを使うとしたら、それは旅行や運動会などの行事です。特に旅行時は、方向音痴なのでスマホはとても頼りにできると思います。旅先で迷子になって、しかもスマホのバッテリーも切れてしまう、とか考えたくないですね。

モバイルバッテリーを選ぶ基準は軽さ

モバイルバッテリーを選ぶとき、最も重視したのは重さです。旅行や運動会などの行事で荷物が重くなるのは、ほんとにイヤ。重かったら、まず持ち歩かなくなるので、モバイルバッテリーの意味がありません。

次には容量です。今時はスマホを何回もフル充電できるものがありますが、1〜2回充電できれば、その間に電源のあるカフェが見つかるのではないかと思います。10000mAhも必要なく、4000mAh以上あればじゅうぶんだと考えました。

そして何より金額が安かった!2000円しませんでしたから。

本体と同梱品

アンカーのバッテリー、箱から出したところ

箱から出したところ。箱のつくりも良かったです。

アンカーm1付属品全部

同梱品すべて。左から、microUSBケーブル、本体と専用袋、取説と修理カード。

アンカー、バッテリーの大きさ

スマホと比較した大きさ。スマホはZenFone Goで5.5インチ。
アンカーm1薄さ

厚みはスマホよりちょっとあります。

アンカーm1とりくち

取り口はUSBがひとつだけ。左のは充電するところ。

 

付属品、microUSBケーブル

microUSBとUSBのケーブルです。

袋

専用の袋が付属。

袋、本体を入れた

当たり前ですが、すっぽりジャストサイズ。

説明書

取説。ほかに修理センターへの連絡先の情報が記載されたカードも入っていました。

電池残量確認のスイッチ

側面に目立たないボタンがあります。押すと、本体のブルーのランプが点灯して電池の残量が確認できます。