間違えて2度買いしたけど後悔はしてない!「お文の影」

お文の影、表紙読んだもの

お文の影、表紙

宮部みゆき著
「お文の影」

読み進めていくうちに、「ん?これは読んだことあるな」と気づきました。なぜ2度買いしてしまったのでしょうか。宮部みゆき作品ですよ。今までそんなことはなかったし、日本にいる限りは出版されたら即買いしてたから、読み逃すなんて絶対ないと思ってたのに。

不審に思いつつも、やっぱり面白いから、グイグイ読んでしまって、2日ほどで読み終わりました。そして、2度買いした理由に気づきました。

文庫化された時に表題が変わったからです。

最初に読んだときは「ばんば憑き」だったはず。

2度読んでしまったけど、こんなに味のある短編集だったのね〜と再確認。こんな大作家の作品を母国語で読むことができて、なんて幸せなんだろうなあ、と思いました。江戸は水道が走っていて、庶民が生き生きしている感じがたまらない。