MacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 ports)はMacBookAir(11-inch,2011)と同じバッグに入る!

macbookpro,13,外箱MacとWordPress

macbookpro,13,外箱

2011年に購入したMacBookAir(11インチ)も、まだ動いてはいるのですが、MacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 ports)を購入しました。非常に快適です。

コスパ最強!と思ったけど。。。

macbookpro、外箱のロゴ

今回は、持ち運びできて、デスクトップでしていた作業もノートに集約する目的があるので、このMacBookProの13inchがもっとも良い選択でした。

しかし、コスパはいいでしょうか。15万円くらいの価格と言っても、それだけではすみません。消費税だってかかるし、Apple careもつけます。また、今までパッケージ購入したものを使っていたグラフィックソフトも、ついにクラウド型に変更(おかげで最新バージョンを使うことができますが)。

USB-Cの取り口を変換するコネクタが約8,000円、インナーカバー約2,000円、Apple care税別25,800円、というような感じで、あっという間に20万円近くの支出になっています。ある程度の機能を求めると、デスクトップよりも割高になる感じはあります。

買い換えたノートが同じくらいの大きさだと、バッグを流用できる

大きさ比較

大きさはというと、わずかにMBPの方が大きいです。でもほぼ同じくらい。ノートパソコンが収納できるリュックを持つのもいいのですが、私は気に入ったショルダーバッグに、インナーケースに入れたMacBookAirを持ち歩いていました。その同じショルダーバッグに入ってしまいます。

大きさ比較、ふたを開けた

外形は同じような大きさですが、画面は11インチと13インチで結構ちがいます。ちょっと我慢すればグラフィックソフトも使えそう。パワーもあります。ストレージは多い方がいいに決まってますが、容量がかさばるような作業をするなら、外付けhddを使用するつもりです。